FC2ブログ
2015. 07. 23  
女川パーティの後半戦。

1泊2日で、樋ノ沢川ナガサキ沢から尾根を乗越し、女川五ノ又沢・東股沢を下降し、五郎三郎沢出合から山道で尻無沢集落へ抜ける計画だ。

すごく良い天気!!
昨夜の段階では19~20日は雨は降らない予報だったので、あ~よかった~。。。と思っていた。
ところが翌朝、予報は変わって20日の午前中は雨らしい。今夜から降り出すかもしれない・・・
せめて焚火までは天気がもってほしい!
DSC04344.jpg

昨日、下ってきたところを歩いていく
DSC04345.jpg

良い天気で最高だが、ものすごく暑い
汗だくだ・・・
暑さのせいでいつもより休憩多め
途中で出会う枝沢の名前を教わり、それぞれ名前がついていることに感心する
DSC04346.jpg

水があるのが救いだが、冷たくない
緩やかな河原歩きが終わり、ようやく沢らしくなってきた
DSC04347.jpg

DSC04349.jpg

DSC04351.jpg

尾根を乗越し、五ノ又沢を下っていく
DSC04355.jpg

DSC04357.jpg

ゆるやかな流れが続いていたが、人がすれ違えないほど両岸が狭くなり、2段の滝となって落ちている
約1名は、俺に任せろ、と1段下までクライムダウンしたが。。。
(注:この写真の人ではありません^^)
DSC04358.jpg

他の者は少し戻って懸垂で降りた
DSC04361.jpg

こんな風にへつるところもあって、ドボンせずにクリアーできると楽しい
DSC04363.jpg

大きいのから小さいのまで魚が走るのが何度も見えた
食べたい。。。
DSC04365.jpg

ミニゴルジュにさしかかる
DSC04366.jpg

けっこう深そうだよ~
暑いから浸かってもいいけど~
どうするどうする??
と言っていると
DSC04367.jpg

俺に任せろ、の約1名が突っ込んでいった
よっ!
DSC04369.jpg

飛び降りてみると深さは太もも位。
なんだ~大したことないじゃないの
みんな続けて飛び込む
下は砂地だから大丈夫

もしかしたら頭のてっぺんまで水没するかと思ったけど
DSC04370.jpg

DSC04371.jpg

そろそろテンバに落ち着きたい時刻だが、
翌日は雨の予報なので、五郎三郎沢出合近くにテンバをとるべく、頑張って歩く
DSC04372.jpg

DSC04373.jpg

DSC04374.jpg

DSC04376.jpg

DSC04378.jpg

DSC04381.jpg

本日最後の滝(5m)
DSC04382.jpg

左岸の斜面をよじ登り、懸垂で降りた
DSC04388.jpg
18時、左岸にテンバ適地が見つかり、ようやく落ち着くことができた。
食当の私は急いで支度にとりかかる。
今日のメニューは、M氏直伝のいかくん&セロリサラダ、厚切りベーコン炒め、ちらし寿司。
それと、途中で採ったヒラタケとマスタケをバター醤油炒めで!(おいしかったです)
最後に、Y氏が釣ってきてくれたイワナをバターと玉ねぎと一緒にホイル包み焼きに。こちらも美味。
焚火もできて満足・・・
眠くなってタープの下で横になった頃、雨が落ちてきた。けっこう雨脚強い・・・

翌朝の風景(7時頃)
沢は茶色い濁流となり、
昨晩、焚火していた場所は完全に水没(!)
DSC04389.jpg
ここから50m位下ったところが五郎三郎沢出合で山道があるのだが、
様子を見に行ったリーダーによると、この先はロープ徒渉で行けなくもないが
一部メンバーの技量を考慮して、ここから背後の斜面を登って、山道へ出ることになった
急いで撤収する

30mくらい登ったでしょうか
山道に出てほっと一安心。
ほとんど飲まず食わずで上がってきたので、パンなどを食べてエネルギー注入!
DSC04390.jpg

右下に五郎三郎沢がちらっと見えた
こちらも水が茶色くなっていた
DSC04392.jpg

道は踏跡がちゃんとありました
DSC04394.jpg

DSC04395.jpg

9時半、林道に到着
この手前にまたもや蕨が生えていたので、少し採らせていただきました
DSC04396.jpg

みなさま、お疲れ様でした。

下山後、みるみる天気が回復して、快晴になった。なんだかなー

nao



スポンサーサイト



NEXT Entry
2015.07.25-26 滝川黒松沢~仕揚滝沢
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
増水前から水が茶色っぽく見えるのは気のせいでしょうか?
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ