FC2ブログ
2015. 06. 29  
本川からの転進二日目。
桑ノ沢を遡行するまでは、タカッコ沢穴沢を検討していたが、桑ノ沢と大差ない沢だと練習にもならないので、タカッコ沢を遡行して、ころ合いを見て左岸の枝沢を詰めることにした。

タカッコ沢へは大滝遊歩道を行き、堰堤を越えた河原で入渓する。
大水量の3M滝を越えると、すぐに出合に出る。
ゴーロの出合からわずかに進むと、小ゴルジュに釜を持った2M滝が懸るが、簡単に越えられる。
そこから穴沢出合まで、延々とゴーロが続く。上流にある雪渓と雨のせいで、水量はちょっと多い。
DSCF2009.jpg

穴沢出合から滝場が続く。ナメ滝の次の水流を二分した滝は中央を登った。
DSCF2014.jpg

小滝を幾つか越えていくと、落ち口付近で小さくヒョングッている8M滝が懸る。
なかなか見栄えのする滝だ。右壁を登れそうだが、左岸を小さく巻いて、続く小滝は左岸のスラブを登った。
DSCF2020.jpg

880Mで右に枝沢を分けると、二条の10M滝が懸る。水流の左側が登れそうだが、今回のパーティにはちょっと難しそう。
左壁は左壁でも、手前から斜上するバンドにロープを伸ばして、後続を確保した。
DSCF2024.jpg

ナメ滝、8Mスラブ滝、ナメ滝と続くが、水量が多いので、なかなか迫力がある。
右岸通しで巻いていった。
DSCF2030.jpg

ナメ滝を過ぎると、長い雪渓が断続するようになる。
DSCF2033.jpg

雪渓が滝で途切れるたびに、高巻いて上流側の雪渓に乗り移る。
雪渓で加速して、高巻きで減速する。
まだ腕で登ろうとしてしまう新人のIさんには、この高巻きは辛いようだ。
DSCF2041.jpg

10Mの通過と、雪渓の合間の高巻きで時間を食ってしまったのと、Iさんの疲労が窺えたことから、地蔵沢を詰めることにする。
地蔵沢は流程の割に水量があり、簡単ながらも小滝が続いて、意外に楽しい沢だった。
DSCF2045.jpg

水流は細分していくが、なかなか水量が減らない。水量が減ってくるとともに、ゴミが目につき始めたので、登山道が近いことが分かった。最後は峰秀水の水場に出た。
ここに「ごみを捨てないでくれ」と立札を立てたい気分だった。
DSCF2049.jpg
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015.07.12_世附川沖ビリ沢下降~樅の木沢遡行
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
初日と違い、滝も多く水量もなかなかで迫力がありました。

それにしても、源頭のゴミにはびっくりでした。
何とかならんものか…
No title
雪が解けた時期にまた行きましょう。
次回は三国岳まで本流を。
リベンジ希望。

「雪が溶けたとき」
再びメンバに入れてくださいっ
変換まちがたー

雪が解けた時期

編集できない…
No title
自分も変換ミスに気付いてませんでした。
「融ける」ですね。
No title
秋の飯豊にも行ってみたいです。


一度送ったコメントの編集は、送信時にパスワードを設定するとできた...と思います。
タカッコ沢は本当は水が青いんです!
紅葉の時期に行けたら最高ですね(^-^)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ