FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 05. 19  
飯豊の雪解けを待つ5月、男鹿山塊の沢を逍遙してきた。
入山口・下山口は観光地塩原だが、沢は静かだった。

小蛇尾川~シラン沢

日留賀岳の登山口に車を止めようと思ったが、昭文社の地図には、小山氏宅と書かれているように、小山氏宅の敷地の一部が駐車場になっているようだ。二日間駐車しっぱなしというのも気が引けるし、下山しないなどと通報されても困るので、入山口寄りの運動公園の駐車場に車を停めた。

雨の中、沢支度をして、箱の森プレイパークへ向かって歩く。途中にある鶴沢橋で入渓する。堰堤2基を過ぎるまで、右岸の踏跡を辿る。

遡行開始間もなく、取水設備が出てきた。
DSCF1551.jpg

取水設備を過ぎると、すぐに左岸に枝沢を分ける。少し進むと、8Mのなかなか立派な滝がかかっていた。左壁を登れそうだが、右から巻く。この後も、5M前後の滝がちらほらと現れた。
DSCF1553.jpg

ツル沢遡行後半に懸る5M滝。左壁を落ち口に向かって登る。少しホールドが甘い。
DSCF1559.jpg

小蛇尾川への乗越(塩那スカイラインのゲートがあるあたり)を目指して、枝沢に入る。急峻なナメとも、ナメ滝とも言える急傾斜の沢だ。この枝沢は乗越へは通じていないので、少し下流寄りの枯沢にトラバースして詰めて行くと、林道に出た。地形図にも、登山地図にも出ていないが、立派な道だった。林道を辿ると5分程で、スカイラインのゲート付近に出た。
DSCF1561.jpg

スカイラインはAM8:00から車両が通行できるようになる。ゲート付近の駐車スペースには、車が一台入っていて、二人の釣り師が入渓の準備をしていた。登ってきた斜面と反対側の斜面を降る。いくらか笹が茂が、掻き分けるほどではないし、次第に、踏跡も出てきた。
DSCF1562.jpg

一カ所、滝が懸っていたが、踏跡を辿って簡単に巻いて、ナメを過ぎると、出合となる。少しゴルジュっぽいが、幾分谷幅が狭いのは出合付近のみ。
DSCF1566.jpg

小蛇尾川本流は、時折ナメとなるが、至って平凡な流れが続く。ひたすら、河原歩きが続く。
DSCF1572.jpg

ナメの落ち込みを持った大釜を右岸から巻くと、一層開けて、広河原となる。広河原の中を、川が蛇行して、下流に堰堤が見えてくるあたりが、釜沢出合だ。
DSCF1575.jpg

釜沢の出合付近は小蛇尾川本流をスケールダウンしたような渓相だ。幾分ナメが多い。本流右岸、釜沢左岸には、所々石垣があった。石垣上部がほぼ同じ高さなので、かつては道があったのではないだろうか?
DSCF1580.jpg

傾斜の緩いナメ滝やナメを交えた河原歩きが続いていたが、960M左岸枝沢を過ぎたところに、堂々とした12M滝が現れる。右壁にバンドが走っていたので、辿ろうとしたが、途中から外傾が強くなっているため、少し戻った所から巻いた。滝上は枝沢に通じるように思えるような窪状になっていた。枝沢を登っていけば、急登することなく巻くことができたかもしれない。
この滝を巻いている途中で、枝沢から鼻歌を歌って釣師が下降していった。どうも魚が走らないと思ったら、散らされた後だったようだ。
DSCF1584.jpg

5M前後の滝をいくつか過ぎると二俣に着く。その後、10Mと8M2段の滝二つが出てきた。写真は10M滝。左側を巻き気味に登る。
DSCF1593.jpg

ガレの急斜面となり、スノーブロックや小雪渓を越えると、最後は藪漕ぎなしに稜線に出た。斜面前方の笹は一枚壁で、ひとかきしたら、踏跡があった。このまま反対側の斜面を下降して枝沢に入るつもりだったが、長者岳まで行ってみることにした。
DSCF1604.jpg

山頂に近づくにつれ、踏跡は不明瞭になり、山頂は完全に笹藪の中だった。
DSCF1606.jpg

少し往路へ戻った所から、笹薮の斜面を下降して、枝沢の左俣(予定は右俣だった)を下降する。途中二回スカイラインをまたぐまでは、荒れた急斜面と言った感じだ。
DSCF1608.jpg

何もなさそうな小さな沢だが、意外にも10Mクラスかそれ以上の滝が7本も懸っていた。中でも、30Mスラブ滝は見事。
上部は右岸のブッシュ帯を降り、途中から左岸に向かってトラバース気味にクライムダウンした。
DSCF1611.jpg

右俣を(2:3)で合わせて、なおも10Mの滝を2本巻くと、ようやく本流が見えてきた。
DSCF1618.jpg

本流に出ると、広河原が続き、流れに根を浸した木々が茂るあたりで、日留賀岳から流れてくる枝沢が出合う。この出合に大きな堰堤があり、堰体の右岸側を幕場にした。
DSCF1621.jpg

今回はテントにしたが、ポールを車に置き忘れて、ツェルトもどきになってしまった。
DSCF1623.jpg

本流は上流部も平凡で、河原と段丘歩きに終始する。ダムが近づいてくると、右岸にシラン沢への乗越ポイントの目印のピークが見えてくる。
DSCF1627.jpg

ダムの水線際の笹薮へ分け入るポイントを物色していたら、踏跡らしきものを発見。
DSCF1628.jpg

踏跡を辿っていくうちに、藪は薄くなり、広くすっきりした谷にでた。
DSCF1630.jpg

谷を詰めて行くと傾斜は一層弱くなり、スカイラインに出た。水車小屋と書かれた標識があったので、かつて小屋でもあったのだろう。
DSCF1632.jpg

スカイラインを歩いてから、シラン沢へ下降する。シラン沢の枝沢の上部は藪もなく、穏やかだ。
DSCF1635.jpg

下降するにつれて、傾斜が強まり、不安定なガレた渓相が続く。何本か滝もあり、懸垂も交えて巻いて行った。
DSCF1636.jpg

倒木が多いが、この沢も平凡な流れの遡行から始まる。
DSCF1638.jpg

しばらく、何もなかったが、突然ゴルジュに滝が懸っていた。奥の滝が登れないように見えたので、右岸の笹と樹木が茂った急斜面に取り付いて高巻く。
DSCF1643.jpg

ゴルジュは左折してからも続いており、さらに8Mの悪相の滝を懸けていた。登山大系によると、この辺りが不動滝と呼ばれているらしい。
DSCF1645.jpg

水流のないタツバ沢を分けると、スラブ状の滝が連続するようになる。1350M付近には枝沢の滝のような5M滝が懸る。実際、まっすぐに伸びる枝沢へ進んでしまったが、すぐに藪となっていたため、引き返した。
DSCF1658.jpg

なおも小滝が続き、最後は2段の滝の中間で水流が消えた。上段は枯棚である。標高は1500M手前くらい。
この後、1550Mで窪が消えて、笹薮漕ぎが始まる。1650M辺りで、疎林帯になると、幾分笹藪が薄くなってくる。
登山道に出たのは、1730M付近なので、標高差180Mは純藪漕ぎということだ。
DSCF1661.jpg

山頂へ行って、周囲の景色を堪能しながら、昼食を摂って、登山道を下降する。なだらかで歩きやすい道なので、歩がはかどる。比津羅山の北東斜面で一旦林道に出る。
DSCF1666.jpg

林道が西へカーブする辺りで、尾根を直進する登山道へ別れ、小山氏宅脇へ下山した。
ここから運動公園に向かう途中、ヒメウコギを見つけたので、若葉を摘み、さらに道端の蕨を少し手折って、晩酌の肴に持ち帰った。
山頂から小山氏宅まで、約2時間、さらに運動公園まで約1時間と、予想通り3時間で、駐車地点に戻った。
DSCF1667.jpg
スポンサーサイト
NEXT Entry
2015.05.23 河内川左俣
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。