FC2ブログ
2015. 05. 11  
前日にボルダリングジムに趣き、こっそり自主練をしてきた。ワタシだ。
岩トレ当日、バリバリな筋肉痛であったことはいうまでもない。。。(トホホ)



新緑濃ゆい山の中、広沢寺弁天岩はひっそりとたたずんでいるかと思いきや、すでに複数のパーティで賑わっていた。

20150511210139608.jpg


色とりどりのザイルでデコレートされた岩には、多くのクライマーが取りついている。
みなさま、カッコイイ。

201505111956086ee.jpg

序盤、逍遥チームは弁天岩の右側のルートを確保。
するすると登っていくリーダ・先輩の姿を見て、イメージトレーニングは完璧。
クライミングシューズを履いての1本目、滑ることはないし、ホールドもある。
やる気十分で登り出したものの、10mほどの所で高さへの恐怖に襲われる。
震えだした左足を誰にも気づかれないように祈りながら、「ダイジョウブ、ダイジョウブ」と呪文を唱えながらなんとか登りきる。

20150511205137d7b.jpg

後半は、中央のルートへ移動し、クライミングシューズと沢靴の両方で登って行く。
沢靴では滑ってしまい難しい。

私は、1ルートどうしてもクリアできないところがあり、3回トライするもあえなく敗退。
岩の中央で動けず困っていると、他パーティのベテランクライマーからアドバイスをいただく。

「足の側面でホールドに乗ると身体が岩に接近して視野が狭くなるから、つま先で踏み込むのじゃ」

せっかくのアドバイスだったが、今の実力では実行すらできず。
練習あるのみ!!

20150511195811a10.jpg

20150511195849150.jpg

20150511195923772.jpg


それにしても、クライミングシューズってすごいなぁ。
このシューズに見合うだけの技量を習得したい。
201505111959051b2.jpg


shin
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015.05.09 頼母木山
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
魔法の靴すごかったよね
タコの吸盤なみに吸い付いて滑らないし

ただ沢ではシューズ持っていかないから高さを登るための
ものだと思っていたほうがいいね

今年はあの一番最後から登ってきたクラックルートを沢靴で登れるよう
頑張ろうね

森子氏
先月の課題がクリアーできて万歳!
黒ちゃん同様あのルートを沢靴で登れるようになろうね
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ