FC2ブログ
2015. 05. 06  
今年の飯豊の積雪量の下見も兼ねて、飯豊山周辺を滑ってきた。残雪期の飯豊を訪れるのは初めてだ。
今年、降雪は多かったが、春になってから異常な暖かさの日が多く、雪融けが早いそうだ。
尾根上は藪が出てきており、谷もだいぶ起伏が多くなってきている。急峻な斜面からは、雪崩れ落ち、直下に土交じりのデブリが広がっていた。
飯豊山MS

入山は弥平四郎。車は集落のゲートまでで、登山口まで一時間以上歩かなければならない。情報収集を打ち切った直後、大日杉方面の県道や、大和から川入への道が開通していたようで、ほとんどの入山者は大日杉から来ていたようだ。
150502-070205.jpg

登山口の様子。雪はついていない。ここから上ノ越に向かって、しばらく板を担いだまま登る。950M付近で、シール登行に切り替えるが、夏道が露出しているところが多く、何度もスキーを着脱し、担ぎ上げなければならず、想定以上に体力と時間を使う。
150502-085140.jpg

上ノ越から巻岩山へ向かう尾根。しばらく快適にシール登行できそうだったが、この直後から巻岩山まで夏道を歩き続けることになった。
150502-110008.jpg

巻岩山から三国岳の間は、シール登校と担ぎ上げとを交互に繰り返す。核心は疣岩山からの降りで、雪庇を巻いて北面へ降ってからトラバースして尾根に戻った。写真は三国岳直下で、ここも雪庇状に切り立っているので、スキーを担ぎ、ストックをピッケルに持ち替えて登る。
150502-145141.jpg

この日は三国小屋止まりとした。小屋周辺はカタクリが群生している。
150502-151121.jpg

翌日、三国小屋から本山に移動する。七森は西面が藪で東面は切り立っている。この時期は東面についた雪の上を歩いていけることが多いそうだが、今年は雪が落ちてしまった区間が多く、また、登山道を遮る壁となった雪があったりして、少し苦労する。
150503-055720.jpg

四森沢の源頭までくると雪のつきがよくなって、シール登行できるようになる。この雪原は草履塚手前まで続く。
150503-071959.jpg

草履塚から本山までは、尾根上の南西側は雪が無く、完全に夏道が露出している。初夏のような光景だ。
御秘所沢寄りの斜面をシール登行することもできるが、本山小屋まで担ぎ上げてしまった。
150503-082933.jpg

本山小屋のトイレは強風に巻き込まれた雪が溜まって塞がっていた。滑った後、ショベルでこの雪をどかして、一番奥の冬季トイレの扉を開閉できるようにした。少しはショベルを持ってきた甲斐があったというもの。
150503-094241.jpg

ここまで来たら、一応山頂を踏んでおく。
150503-104415.jpg

駒形山と御西岳のコル付近から駒形沢源頭の漏斗状の谷を滑り込む。放射状に広がる斜面の集約点で、雪が口をあけて水流を覗かせていた。穴の側壁にショベルで階段を作って、水を汲んだ。コッフェルで溶かした焦げ臭のついた水なんか、飲みたくなくなる美味さだ。
150503-114201.jpg

3Lの水を汲んで、滑った小尾根を左手に見ながら、隣の小尾根を登り返す。滑るのに必要の無い装備を小屋にデポしてきたので、大した重さには感じなかった。
150503-121133.jpg

稜線に出て、御西岳南面に移動すると、大日岳が見えてくる。近そうに見えるが、見た目よりも遠い。
150503-131735.jpg

御西岳から南に伸びる、御鏡沢右岸の尾根上を滑り降りた。尾根の西側半分は藪が出ているが、東面だけでもロングターンできるくらいの幅がある。1655M付近で、滑降してきた尾根を登り返す。斜度は緩いので、ほぼ真直ぐに登り返せる。
御鏡沢も滑りたかったが、小屋まで意外に時間がかかるので、小屋へ直行した。
150503-142531.jpg

4日の一本目は、本社ノ沢右俣を滑降する。小屋の直下なので、ウォームアップも無くいきなりドロップ。
眼下に、広くて長い斜面が続く。水平距離約2,400M、標高差約950Mのロングクルーズ。
地形図の等高線はかなり詰っているが、実際滑ってみると、縦溝が気になるもののなかなか快適。
150504-065307.jpg

二俣付近は少し荒れている。
150504-071814.jpg

本社ノ沢出合(大又沢本流)から滑ってきたルートを振り返る。
出合の少し手前で、左岸の枝沢の小滝で水を汲むことができた。
150504-071836.jpg

本流は、一箇所口を開いているところがあり右岸を巻いた。左岸が急なのでブロックの崩落には要注意だが、沢床の状態は悪くは無く、シール登行で順調に距離を稼ぐ。
150504-072741.jpg

1240M左岸枝沢に入る。この枝沢を詰めてしまうと、雪庇が立ちはだかっているので、枝沢が右に屈曲する地点で、左岸尾根に取り付く。
150504-081042.jpg

枝尾根から主尾根に乗るところと、主尾根の1750M付近の傾斜が大きいが、あとは特に問題ない。
150504-084820.jpg

ハイマツ帯を避け、最後に急な斜面をジグザグに登りきると、本山小屋に着く。
150504-104346.jpg

小屋にデポしてあった荷物をまとめて、御秘所沢を滑る。本社ノ沢と比べると、かなり斜度は小さく、なんとなくまったりした雰囲気だ。荷物が重く、脚への負担が大きいため、何度か停止して、脚を回復させながら、徐々に高度を下げる。
150504-112837.jpg

1350Mの屈曲点から、御沢を登る。地形図では所々に、等高線がやや詰ったところがあり、それ以外はゆったりした傾斜の沢だ。実際登ってみると、傾斜の緩急がはっきりしていて、あまり登り向きの沢といった感じではなかった。1500M付近は大きな滝がありそうな感じで、大きな擂鉢状になっていたので、一旦右岸の尾根に出た後、左俣に下降した。左俣源頭の傾斜も意外に急だった。
この後、三国小屋まで足を伸ばすつもりでいたが、予報よりも早く雨が降り始めたので、切合小屋泊とした。
150504-120556.jpg

夜中は雨が降ったりやんだりで、時折強く降った。雨があがった後、気温が下がって、朝方は雪面が凍っていた。
スキーとストックをザックに括りつけ、アイゼンとピッケルを装着して、切合小屋を出発する。
150505-060428.jpg

一昨日滑った御西岳南尾根。
150505-074343.jpg

往路同様、三国小屋までの間は神経を使うところがあったが、降り主体なので、体力的にはかなり楽だった。
三国小屋を過ぎると、問題になるところはない。イワウチワとカタクリの群生を見ながら、巻岩山から上ノ越への夏道を降る。
150505-095337.jpg

登山口から弥平四郎の間は、入山期間中にも、かなり雪融けが進んでいた。奥川沿いは開けており、至るところにコゴミが群生している。
150505-123032.jpg

下山後は、飯豊の湯まで足を伸ばして、汗を流し、山都で蕎麦を食して帰路についた。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015.5.4-6釜ノ沢東俣カラ沢
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ