FC2ブログ
2015. 05. 06  
前日、二日間の行程を変更して下山したため、苗名の湯で汗を流した後、杉の原スキー場のゲレンデサイドでテント泊して、持参した地形図の範囲内にある三田原山を往復することにした。

笹ヶ峰に向かう途中、池ノ峰から伸びる尾根の末端付近に車を停めて、三田原山を目指す。
150426-074131.jpg

池ノ峰と外輪山からの尾根が降りてきて、コル状になっているところから、斜度を増してくる。最初尾根に取り付いたが、雪庇による起伏が激しいので、途中で谷へ降りる。下部は樺の疎林で、途中針葉樹林となるが、再び樺の疎林となる。針葉樹林の中は雪面の起伏が大きくて、少し登り難いが、樺林は快適にシール登行で高度を上げられる。
150426-100102.jpg

外輪山の稜線に出ると、妙高山の最上部を一望できる。
150426-105119.jpg

稜線上は雪庇が発達している。所々切れているが、笹薮を横断したり、裏を回ったりして、山頂に至る。
150426-110344.jpg

稜線直下の樺の疎林体を滑降する。なかなか快適なオープンバーンだ。今日は宿泊装備一式を車においてきたので、滑りも快調。しかし、快適な斜面は直ぐにお終い。針葉樹帯は樹間が狭く、起伏が多いので、スピードを殺して慎重に滑る。その下の樺林からは、雪が重くなってくる。下降するにつれて、倒木や折枝が出てきて、最後は池ノ峰脇の緩斜面を流すと、あっという間に林道に戻ってしまった。
150426-121457.jpg
スポンサーサイト



NEXT Entry
2015.05.02-05 飯豊山周辺
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ