FC2ブログ
2015. 03. 24  
天気は上々、夜も零下にならないほど暖かった。
土合駅前は車がいっぱい。山の家の裏手の林道をいって、林道末端の沢の右岸に取り付いたが、大外れ。山の家のすぐ裏手から取り付いて、同尾根に乗った方がよさそうだった。
IMG_0857.jpg

尾根に乗ったが、見た目より斜度がある。ザラメ化した後に表面が固くなった雪面は、シールが効きにくくて、何度か板が後方に流れて、足をとられそうになった。特に傾斜が急なところは、板を外してツボ足で切り抜けたが、ツボ足だと潜ってしまって、これまた調子が悪い。
IMG_0858.jpg

傾斜が緩み、尾根が東西方向に向きを変える1170M辺りからは、広々とした樺林の緩斜面が広がる。明るくて気持ちの良いところだ。ここまで、相当花粉が舞っていたのだろう。早くも鼻水が出始める。
IMG_0861.jpg

1200Mあたりで東黒沢上流方面を眺めると、沢筋に所々黒いものが見える。既に雪が割れて、流れが出ているように見受けられた。一応、東黒沢への下降ルートにしていたこの枝沢を下降してみる。
沢型がはっきりしてくると、ろくに水量がないこの程度の支流でも、雪が割れていて、そこから水音が聞こえてくる。ここで、東黒沢経由で白毛門へ向かうことをあきらめて、支流左岸の急峻な斜面を登り返して、ドロップポイントに戻った。
IMG_0865.jpg

白毛門を目指すには遅く、下山するにはまだ早いので、赤沢山山頂まで足を伸ばした。右側の木の雪面付近に「赤沢山」の標識がかかっている。
IMG_0873.jpg

赤沢山から北東に伸びる尾根。ここをひたすら行けば白毛門に行けるが、今日は行かない。下山中、それぞれこの先へ行くという、単独行の方(2名)と3名パーティとすれ違った。
下山は、雪面が固かったり、起伏や凹凸が多かったり、雪が割れてたり、地面が出てたり、・・・とろくなコンデョンではなく、全然楽しくなかった。
IMG_0878.jpg

思惑通りなら、赤い線は、赤沢山手前から北へ伸びていくはずだったのだが・・・。
赤沢山MSルート
スポンサーサイト



NEXT Entry
タイトルなし
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ