2015. 03. 08  
Yリーダーの計画で荒沢山〜足拍子岳への縦走に行ってきた。
荒沢山から足拍子岳までは雪庇だらけのナイフリッジが続くのであるが、リーダーは知らなかったらしい。。。

土樽駅前の橋を渡るとすぐ取り付き、アプローチは至便である。
早速私はわかん、リーダーはスノーシューを付けて尾根に取り付く。
天気はだんだん回復してきて展望もよい。
ハイライトの縦走路が見える。やはり雪庇がかなり張り出している。
DSC_0963.jpg

荒沢山までは樹林帯のなかの登りで危険なところはない。
DSC_0966.jpg

向かいの仙ノ倉山は山頂付近がガスに覆われていた。
DSC_0968.jpg

こちらは来週会の他パーティが登山予定のタカマタギ
DSC_0971.jpg

荒沢山頂には約2時間半で到着。足拍子岳までの縦走路を望む。単独だったら引き返すような眺め。
DSC_0975.jpg

最初は慣れていないので恐る恐るナイフリッジをトラバース。
DSC_0976.jpg

↓下から見たところ。後から見るとまだナイフじゃないな。(noy)


こちらはさらに細く両側ずっと下まで切れ落ちているのでザイルで確保。
DSC_0979.jpg

この先はギャップになっており、懸垂で降りる。
DSC_0980.jpg

↓ホソドノコルへの懸垂下降(noy)


向かいの登りもかなり急なため念のためそのままザイルを引いて上がる。
ザイルと使ったのはここまで。
DSC_0985.jpg

ガスが綺麗にかかる仙ノ倉
DSC_0987.jpg


雪庇が次々に現れるのでルート取りが難しいが、ナイフリッジには大分慣れた。
DSC_0989.jpg
DSC_0990.jpg
DSC_0991.jpg
DSC_0995.jpg

結局雪庇地帯を抜けるのに4時間以上を要し、足拍子岳への登りに取り付いたのはすでに14:40だった。
ここからも雪が割れており、ルート取りに気を使う。
DSC_0996.jpg

万太郎も顔を出した。
DSC_0997.jpg

やっとついた山頂直下で笑顔のリーダー。時間が押しているので山頂はパス。
DSC_0999.jpg

ここから南尾根に入るのだが100m程度先の小ピークまでの尾根の雪がズタズタで歩けない。
ここで先頭を交代する。一旦下って尾根の少し下をトラバースする。かなりの傾斜で緊張する。
(ここからは緊張の連続で写真撮るの忘れてた。)

↓足拍子岳南峰へトラバース(noy)

↓南峰手前から足拍子岳を見る(noy)

↓南峰の先も暫く緊張が続く(noy)




小ピークに登って南尾根を見るとかなりの急下降。ザイルが欲しいくらいだが、時間も押しているので少し無理して下る。
雪は腐っており足元もアックスも心もとない。その上多分雪庇の上と思われる部分も通らざるを得ないので心臓に悪い。。
雪庇の切れ目は雪に覆われて隠れており、踏み抜くと場所によっては2m位落ちることになる。なんどか踏み抜いたが完全に落ちることはなく抜け出せた。
標高1280mの支尾根が出ている部分で、本来のルート側の雪庇が大きく分離し、本来のルートに行くのが難しい。
仕方なく崩壊途中の雪庇の間の切れ目を下って無事ルートに乗れた。
あとは安心な樹林帯。ここで時間は17:30。アイゼンを外して、ワカン・スノーシューに履き替える。
DSC_1000.jpg

最初は緩やかな尾根であるが途中から急傾斜となり、腐った雪ではスノーシューは歯が立たずつぼ足に変更。
ワカンのほうがまだ大きな爪を使ってなんとか下れる。つぼ足は腐って穴だらけの雪に大苦戦。
途中からヘッデンのお世話になり、19時過ぎに土樽に帰還した。
DSC_1001.jpg

充実した山行ありがとう、Yリーダー!
スポンサーサイト
NEXT Entry
上越 タカマタギ(2015年3月14~15日)
NEW Topics
2017.07.16-17_前川本谷
2017.07.15-16 長走川 淀ノ沢~大面沢
2017.7.2 長走川 モウコ島沢~赤沢
2017.6.25 玉川 ナダレ沢
2017.06.24 玉川 片貝沢~藤倉沢
2017.06.18 大荒川スグノ沢
2017.06.17 玉川大アネ沢
遡ってみました(2017.06.17:足尾・仁田元沢~石塔尾根)
2017.06.10-11 集中山行(春) B班 入深沢~出戸深沢
2017.06.10-11 集中山行(春) C班:滝ノ岐川左俣~出戸深沢~ここ滝沢~滝ノ岐川左俣
Comment
No title
お疲れさまでした。写真を数枚追加しました。noy
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ