FC2ブログ
2015. 02. 16  
2015年2月14日
初めての!!アイスクライミングに行ってきた。

早朝の富士山駅に降り立つと、強風が吹き荒れていて寒くてひるむ。
三つ峠入口でバスを降り、林道へ。
DSC02149.jpg

DSC02150.jpg

所々凍結しているからといって、足元ばかり見て歩いていると、いい景色を見逃してしまう。
時々、右側を見るのを忘れずに。
DSC02152.jpg

DSC02153.jpg

1時間ちょっと歩くと三つ峠登山口に着く。
ここの女性用トイレは、ちょっと広めの個室内に荷物置き場や暖房が備わっていて、
お・・・!となる。
大切に使わなきゃ、という気にさせる。
DSC02155.jpg

登山道を途中で外れ、沢へ向かうトレースを追う。
DSC02156.jpg

まず、この枝沢の小滝で練習だ。
傾斜は90°くらい。
DSC02158.jpg

まずアックスの打込み練習。
その後、トップロープで、アイゼンでの立ち込み練習。
アックスが重い・・。
アイゼンの刃がうまく刺さらなかったり、アックスが入らず弾き返されたり、
あれれ、うまくいかないなー
小滝の上まで登って、クライムダウンの練習。
アイススクリューの回収の仕方も教わる。
DSC02158-2.jpg

そうこうしているうちにお昼になってしまったので、
日が当たる所で昼食を済ませ、奥の大滝へ。
DSC02160.jpg

DSC02165.jpg

2段目まで登って、降りる練習をする。
さっきより傾斜がゆるいので登り易そうだ。
DSC02167.jpg

登る人がいっぱいいるからか、足を置く場所が出来ていて、
さっきの小滝と比べて簡単すぎた。
DSC02168.jpg

私も登って
DSC02170-2.jpg

降りる。
DSC02170.jpg

が、もっと実戦に近い練習がしたいので、さらにもう1段上まで行くことにした。
アンザイレンし、リーダーがスクリューで支点を作りながら進む。
DSC02171.jpg

マルチの際のセルフビレイ(マスト結び)。
実戦ではさっと出来なくてはいけない。
DSC02172.jpg

私も続く。
登りながら、スクリューを回収する。
この登りはなかなか良かった。満足!
DSC02173-2.jpg

滝の下に戻ると、大滝の左側の氷柱で練習しているグループがいた。
こちらは傾斜ほぼ90°。
次回来た時に練習しようかな。
DSC02175.jpg

お疲れ様でした。
ありごとうございました。
DSC02176.jpg

最後は富士山で締めくくる。
DSC02180.jpg

来季はアイスクライミング用の12本爪アイゼンとmyアイスアックスを買おうかな。

by nao

スポンサーサイト



NEXT Entry
房総第二弾(2015.02.15・袋倉川セーナ沢)
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
お疲れ様でした。近くてよいゲレンデでした。noy
No title
セルフビレイは自分のスリングを使って、環付きカラビナで取りましょうね・・・残置スリングは切れることがありますし、ノーマルのカラビナ1枚は怖いです。。。

ritani
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ