FC2ブログ
2015. 02. 08  
厚木から高速使うとたったの1時間で到着してしまう楽チンアイスに行ってきました。

登山口までの林道は雪が深くSUVでないと難しい。無理やり突っ込んであやうくスタックしそうになり、バックして空き地に駐車。登山口までは約20分の歩き。そこからのんびり一時間で最初の小さな滝に到着。

DSC_0903.jpg
雪に埋まってました。。

しばらく歩くと登山道が横切る地点のすぐ先にある最初の滝らしい6m滝。
DSC_0906.jpg
真ん中は階段状で簡単に登れそうなので、順番待ちをして左の斜面を登る。斜度はあまりないので問題なく登る。

ロープを一旦畳んで少し歩くと大滝。
DSC_0908.jpg
水流は大きく出ているが、左岸側の氷を登れそうだ。氷が剥がれ落ちそうだが先行パーティが登ったあと、2組目として登る。ほぼ階段状で問題ない。落ち口は氷がないので少しだけ沢登りとなる。後で聞いた話しだが3組目のトップが登りきった後、上部の氷が崩壊したそうだ。あぶねー。。

大滝の少し先に七福ノ滝がある。その手前の滝は右岸から巻く。七福ノ滝はきれいに凍っており、色んなルートが楽しめそう。簡単なのは左側のようだが、我々は右の少し凹んだ部分を登った。その左側はほぼ垂直で難しそうだ。
DSC_0909.jpg
DSC_0914.jpg
DSC_0916.jpg

2段の滝を登ったところで昼食。この滝がこの沢のハイライト。ここでトップロープで遊ぶのも良いと思う。
我々はさらに上を目指すが、標高1550mの二俣で雪が深くなり左岸尾根の登山道にエスケープ。登山道経由で車に戻った。




スポンサーサイト



NEXT Entry
体験山行!葛葉川本谷
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
四十八滝の詰めは、雪がないと蒼氷のナメが続いているらしいのですが・・・近年は冬型が続きにくいので、そういうタイミングをとらえるのは難しそうですね。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ