FC2ブログ
2014. 11. 03  
11月に入り、沢登りの季節もそろそろ終わり。中級山岳では紅葉の盛りを迎えたこの時期、そうだ、足尾に行こう。

kamanosawa-gainen.jpg
栃木県は日光に近い松木川の釜ノ沢。今回は右俣を遡行し左俣を降りてくる1泊2日の計画である。

PB010001-s.jpg
出発地のわたらせ渓谷鉄道、間藤駅。紅葉の季節とあって結構賑わっている。ここから徒歩で松木川へ。生憎の雨模様である。

PB010006-s.jpg
松木川の林道を抜けると平凡な河原歩き。しかし両岸は岩壁が屹立し、凄愴な雰囲気が漂う。写真は小足沢出合の大滝。

PB010007-s.jpg
PB010009-s.jpg
釜ノ沢出合付近では紅葉が雨に濡れて情感を漂わせていた。

PB020013-s.jpg
翌日、二つ玉低気圧の間の高圧帯に入ったためか、晴れる。釜ノ沢の二俣付近に張ったテントを気分よく出る。

PB020014-s.jpg
釜ノ沢は大きめのゴーロが続き、やや歩きにくい。晴れて暑いくらい。

PB020017-s.jpg
妙義のような大岩が現れる。

PB020019-s.jpg
源流のナメ。

PB020020-s.jpg
今回の核心部、詰めの岩壁帯が屏風のようだ。とりあえずルートを見出すべく、ゴーロを登っていく。

PB020023-s.jpg
幸い、1か所だけ傾斜の緩いガレが続いている場所があった。

PB020029-s.jpg
無事に国境稜線に到着、皇海山を望む。

PB020031-s.jpg
国境稜線上は丈の低い笹が芝生のようだ。これぞ足尾の情景である。

PB020037-s.jpg
下山は予定を変えて右俣・左俣の中間尾根を辿った。歩きやすい尾根で、あっという間にテンバに戻った。

ritani
スポンサーサイト



NEXT Entry
Merci
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
いかにも足尾らしい風景ですが、
沢自体は脇役のような扱いですね。
No title
釜ノ沢は遡行2時間半、下降1時間半だったので、まあそんなところです。晩秋の足尾を愛でる山行でした。鹿の声がよく響いてましたよ。
飯豊は2日目も雨降りました?
No title
飯豊は夜のうち雨が降り、二日目は降り出す直前に車に戻れました。後土砂降り。今朝の玉川は大増水でした。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ