FC2ブログ
2014. 10. 16  
秋の集中3班は日帰り組。栃の木沢鍋沢に向かった。
前夜に集まり翌朝出発。天気は上々。作業道から外れ沢に下りて入渓した。
すぐに鍋沢出合、ここには2段滝がかかっている。

鍋沢出合2段滝

水流左を登れそうだが茶色い滑りゴケがついていて悪そう。
結局右の草付き壁を登ることにしたが、やはり意外に悪く中間支点を取るため潅木のあるさらに右方にまわり登る。
上段滝も右の草付きから巻く。油断すると大高巻になりそうなのでできる限りそうならないようにする。

しばらくは連瀑帯になると、たまにロープも出し、想定より時間がかかった。

予定していた日向山山頂集中は叶いそうになかったが、その後のゴーロ帯はどんどん登ることにした。

ゴーロ帯

陽が当たると気温があがり暑くなってきた。汗汗。

どんどん登る

伏流になったりしながら、早い段階で水もなくなり、沢どおしである程度まで登りあとは藪こぎで稜線の道にでる。

登山道を下ると紅葉の終わりかけで淋しい晩秋の風を感じた。

下山

記:かわさき
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014.10.18-20 胎内川作四郎沢
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
越後、飯豊、朝日・・・草付は悪いことが多いので、ブッシュが手がかりになる場合は別として、まずは直登ルートを探って、どうしても無理なら草付を探るようにした方が良いです。
ここは多少滑っていましたが、水平なスタンスがあったので、左壁の方がリスクは小さかったと思います。
お疲れさまでした
天気がよく、暑かったですね。

「寒さ」への対策にばかり視点が行き、「暑さ」対策は考えませんでした。これは、失敗でした。

まあ、無事に降りてこられてよかったなあと..反省しきりでございます。
確かに草付きルートは想像より悪かったですね〜
蝉にならなくてよかったデスf^_^;

気温も意外に上がって暑かったですね。

いろんな汗をかきました(*^_^*)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ