FC2ブログ
2014. 06. 24  
今週も内の倉川の支流へ足を運んだ。

ashio10_2014062406063575b.jpg
内の倉川左岸の旧登山道は、ジョウ沢付近の植林を抜けると荒れてくる。焼峰沢は深く切り込んでいるため、道は急下降する。渡渉点に立って上流を向くと、早速滝が懸っていた。
この滝のホールドは外形しており、フリクションの効きも微妙だ。慎重を期して左岸から巻いたが、左岸には踏跡がついていた。

ashio11_20140624060636130.jpg
高巻後の最初の滝、2Mくらい。何の変哲もなさそうだが、届く手がかりは右側の凹角っぽいところだけで、掛かり具合も何とも微妙。上部の窪んだところにザックを上げておいて、空身で何とか攀じ登った。水深は股上くらい。

ashio12_20140624060637cf9.jpg
3つほど小滝を越えていくと、冷気の中に最初の雪渓が現れる。手前の淵は結構深かったが、中央に映ってる倒木のおかげで、ここでは泳がずに済んだ。
しかし、次の写真の連瀑手前の淵で泳ぐ羽目になった。しかも、ポーチから地図とノートが流れ出してしまい、一往復半も。雪渓が多くて水が冷たいのに何てこった。

ashio13_201406240606395e6.jpg
5M-4M-10Mといったところか。右岸のルンゼからブッシュに取りついて巻いた。

ashio14_20140624060634a19.jpg
標高500M付近の5M滝。右側の水が流れるバンド上に乗り込んでずり上がるが、結構斜度がある上に、岩はツルツル、水流は強いで、苦労した。中段で水流左側のCSの下の隙間に入る。そこから再び水の流れる右壁にとりつくつもりでいたが、思いのほか左壁が良かったので、左側を登った。

ashio15_20140624060653830.jpg
前の写真の雪渓を潜り抜け、崩壊した中間部のブロックを乗越して、上流側の雪渓の左側をすり抜けると、連瀑が懸る。
一番上のチョックストーンを越すのが大変そうなので、登る気なし。左岸の土壁を登ってブッシュ帯に取りついて巻いた。

ashio16_201406240606556ad.jpg
そろそろチョックストーン滝の上に出たころだろうと思って下降しようとすると、15M-20M-8Mと続く大滝、しかも直瀑が目に入ったので、そのまま高巻きを続ける。

ashio17_20140624060656e77.jpg
地形図に出てる滝記号の辺りには8M-8M-3Mナメの3段の滝が懸っていた。前の写真の滝を目にしてきただけに、もっと大きいのがあるのかと思って期待していたのだが、やや拍子抜けの感もあった。
でも、今度のやつは登れる。ホールドの向きはちょっとよくないが、水流の左側を登った。
この後、8×8のナメ滝を過ぎると平凡な転石帯が続いて、雪渓で埋まる源頭を離れて、藪交じりの樹林帯を詰めて焼峰の頭に出た。

ashio18_2014062406065866c.jpg
焼峰の頭から登山度を降って、うぐいす平の少し先から赤倉岐沢へ下降する。本流に出合うまでに二本の滝を過ぎ、本流に入ってから、さらに5本の滝を降った。いずれの滝も、こんな感じの赤茶けた壁だ。

ashio19_20140624060652078.jpg
唯一クライムダウンできなかった15Mの滝。左岸を巻いて、最後は懸垂下降で沢床に戻った。高巻きの途中で左目のコンタクトレンズがブッシュにこすれて取れてしまったので、懸垂下降の支点を取ったところで、眼鏡に取り替えたが、この後の河原歩きで、コンタクトレンズとの距離感のずれに苦労した。
この滝のあともう一つ滝を下降すると、延々と平凡な河原歩きの後に赤倉岐林道に出る。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014.06.22 加治川 大倉沢~小倉沢・・・のはずだったが
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ