FC2ブログ
2011. 03. 07  
2011年3月6日 定例訓練 岩トレーニング
当会は毎年、沢登りシーズン前に岩登りとザイルワークの技術指導、確認、会員個々のレベルアップを目的に岩トレ訓練を企画開催している。
他の山岳会も後から当岩場で訓練を行なったため、大混雑の岩上となったが、暖かい気温も味方、訓練はほぼメニュー通り行えた。

【訓練内容】
●確保技術・・トップの確保、後続の確保
●支点・・支点の取り方、チェック法、回収法
●懸垂下降・・ザイルのセット、制動の調整、仮固定
●固定ロープ登高・・バッチマン、マッシャーを使った登り方
●荷揚げ・・1/3システムを使った荷揚げ法
●登攀の実践・・3人パーティーを想定した登攀システム確認、人工登攀
P3060209_R.jpg実際、沢では岩場のように人工支点があることは稀
肩がらみ、腰がらみで後続確保のケースは多々発生する。弱点をしっかり認識することが必要だ
P3060217_R.jpgワンターンの仮固定法。空中懸垂時に使う方法の一つ。沢を高巻いた後、懸垂下降で沢に戻ることは良くある。懸垂下降の失敗は絶対に許されないこと。懸垂ザイルの仮固定は重要な技術の一つ。P3060201_R.jpg天狗岩からの眺めは雄大。難点は少々狭いところとアプローチか?
*現在、当会は仲間を募集しております。体験山行は随時企画しますので、沢登りに興味がある方、連絡をお待ちしております。(連絡先は会のHPでご確認ください)

沢ヤか男
スポンサーサイト



NEXT Entry
広沢寺RC
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
確かに結構な人出でしたね~来年からは1週間前倒しした方がいいかも。
2月中ならまずいないのでは・・・
天候と気温を考慮して・・
前倒し可ですが、標高が標高だけに、春うららを最優先にお願いしますね。

 沢やか男
花粉が・・・
当日はマスクをしていたことも貢献してあまり症状はでませんでしたが、次の日になって鼻水が流れ出るようになりました。
結構花粉が飛んでいたのかもしれません。
岩トレ、ありがとうございました。
頭や体が忘れていることや、初めてのことが多くあり、忘れないように課題が残った感じでした。

noy

参加してませんが・・・
 1週違うと人の入りが全然違うのですね。

先週の岩場独占状態からは、天狗岩まで混んでるとは想像できず・・です。

明日は広沢寺で楽しんできます!!
帰りは厚木で一杯 楽しみです。(シロコロ・ポテトサラダ)


まる
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ