2014. 05. 26  
5月24-25日で帝釈山脈の湯西川・栗山沢~大滝沢下降の沢旅に行く。平家の落人伝説で有名なところ。

栗山沢への入渓は湯西川ダムの完成で新しくなった県道の一ツ石Pから、脇道へ下ってダム湖をトラバースする。

P5240073-s.jpg
県道の橋を見送りながら入渓。

P5240076-s.jpg
途中で林業用のモノレールに出くわす。傍の看板によると平成4年の造林事業のものらしい。

P5240084-s.jpg
この沢で最もきれいな10m幅広の滝。

P5240085-s.jpg
上に行くと案の定雪渓が…上流部は沢の傾斜が増し、ルート取りに気を遣うようになる。

P5240087-s.jpg
源頭の雪消えの斜面に群生するバイケイソウ。写真で見るより斜面はとっても急で、気を付けないと滑落しそうだ。

P5240089-s.jpg
明神ヶ岳への尾根。漕ぐのは嫌だけど見るだけなら愛らしいシャクナゲの花。

P5240091-s.jpg
大滝沢へ下降するコル「ヨガッタァ」。

P5240090-s.jpg
その源頭でシシウドが採れました。

P5240092-s.jpg
大滝沢下降中、Co930付近の深い釜を持つ5m滝。

P5250093-s.jpg
宿舎跡? が出てきた。平坦なのでこの日はここで幕。

P5250094-s.jpg
P5250096-s.jpg
P5250097-s.jpg
鉱山施設跡。物の本によると、これは昭和20年ころまで操業していた日向鉱山の跡ということ。この先にレールが敷かれていた。

P5250099-s.jpg
大滝沢林道の坂船沢支線を辿っていくとサツ沢のコルに出た。平坦でテンバに結構。ここからマゴリ沢左俣を下降し、1泊2日の沢旅を終える。
スポンサーサイト
NEXT Entry
タイトルなし
NEW Topics
少し不思議...(2018.06.17:飯豊前衛・実川八ツ目沢)
相鉄線沿線?いえいえ...(2018.05.26:鶴沼川二俣川左俣)
2018.5.13 一之瀬川竜喰谷
2018.5.19笛吹川東沢鶏冠谷左俣
一見の価値あり、百間滝(2018.05.06:三滝川東多古知谷)
鈴鹿エメラルド(2018.05.05:野洲川元越谷)
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
2018.4.1丹沢河内川大当沢
2018.3.25 神ノ川矢駄沢
2018.3.11 葛葉川本谷
Comment
No title
大滝沢は結構人臭い沢のようですね。
核心はどのあたりだったんでしょうか?
No title
核心は栗山沢だとCo1300二俣の左俣15m滝の高巻きでしょうかね。あの辺はどこも急傾斜で気が抜けないです。
大滝沢は核心なしの下降向きの沢です。
あと、最後のマゴリ沢左俣の源頭部はこれまた急傾斜で落石頻発要注意でした。ここら辺の沢は源頭になっていきなり傾斜が急になるんですかね。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ