FC2ブログ
2014. 05. 07  
今年のGWは、雷鳥平の幕営指定地をベースにして、周辺の谷を滑降した。
剱岳に食い込む雪渓を滑りたかったが、この時期のこのエリアは20日前までに登山届を出す必要があるので、これは5月下旬に回すことにした。

5月3日
扇沢駅で見た室堂の天気は晴れ、気温は4.1℃と申し分なかったが、室堂駅を出ると何だか薄曇りで、すっかり状況が変わっていた。

rout0503.gif
室堂で登山届を提出した際に、内蔵助谷から真砂沢へ至るルートが受付の山岳警備隊員の目についたらしく、少し渋っていたが、真砂尾根を辿って剱沢に降りずに真砂沢に出る旨を説明して納得してもらった。

室堂駅から室堂山荘方面へ歩いて、山荘手前で板を履く。浄土川に滑り降りた後は、谷を降って雷鳥平の幕営指定地へ。

20140503-0.jpg
受付を済ませてテント設営後、雷鳥沢右岸尾根の冬道のトレースを辿って、剣御前小舎へ向かう。多くの登山者・スキーヤー・スノーボーダーが列をなして登っていくが、剣御前小舎に着いた頃にはガスでほとんど視界なし。
明日の偵察を兼ねて真砂沢を出合まで往復する計画だったが、ここで断念して雷鳥沢を滑ることにした。

20140503-1.jpg
雪の斜面に浮かぶハイマツの島で、今年も雷鳥を目にすることができた。

雷鳥沢を滑り切ったところでお昼。テントに戻っても退屈なので、登り返して滑ろうとしたが、ガスが下部まで降りてきて視界がなくなってきたので、左岸尾根を200Mくらい登り返したところから尾根の反対側を滑ってテントに戻った。

20140503-2.jpg
夕方になって晴れてきた。いつの間にかテントが密集していて、都心の住宅事情を見ているようだ。

20140503-3,jpg
立山が夕日に染まってくる。
・・・お休みなさい・・・本日は不完全燃焼・・・。

5月4日
本日の富山県東部の天気、晴れ夕方曇り。
予定通り、内蔵助谷へ。

rout0504.gif
アプローチは大走りから真砂岳へ詰めあがる尾根に変更。クトー+シール登行で挑んだが、固く凍ったザラメの表面だけ少し緩んだ斜面は、クトーもシールも効きがいまいち。初めからアイゼンで行くべきだった。真砂岳山頂付近は雪が切れているので、2700M付近でアイゼンに履き替えた。

20140504-0.jpg
真砂岳山頂付近で好適なドロップポイントを発見。ここから真砂尾根から南へそれていくように内蔵助カールの底へ滑り込む。東向きの斜面だが斜面はまだ固く、滑ると金属的な音が響き、削られた氷の粒が転がり落ちて、斜面が動いているように見える。

20140504-1.jpg
内蔵助谷では、正面に鹿島槍ヶ岳を見ながらの滑降となる。

20140504-2.jpg
カールの末端からは傾斜45度の狭隘部となる。左岸寄りはデブリに占められているので、右岸よりの狭いスペースを小回りと横滑りで切り抜けた。右岸寄りの斜面も、岩場の基部からのデブリがあったり、石が散乱してたりしていた。
谷がカーブしてるあたりで、写真手前へトラバースした。

20140504-3.jpg
内蔵助平からハシゴ谷乗越。乗越直下で斜登行したが、そこまではシールを効かせて直登できた。

20140504-4.jpg
乗越から真砂尾根を辿る。初めは雪庇もなく丸味を帯びた稜線が続く。右手には剱岳。

20140504-5.jpg
2226Mの小ピークを過ぎると大きな雪庇が目に入ってくる。地形図上でドロップポイントと定めた位置は、幸いこれより手前だ。ギャップだらけの斜面でなければよいが・・・。

20140504-6.jpg
ドロップポイントに到達。2226Mピークをわずかに過ぎた真砂沢出合付近へ続く沢地形だ。ここから左手に見える小尾根を乗り越して、さらにできるだけ左へ斜滑降しながら高度を下げないように真砂沢に降りた。

20140504-7.jpg
真砂沢に降り立って、下流を見渡す。正面は白馬岳。真砂沢も絶景を目にしながら滑降できますね。

20140504-8.jpg
標高2300Mより上部は多くのシュプールが刻まれている。ほとんどのスキーヤー・スノーボーダーはこの辺で引き返してるようだ。

20140504-9.jpg
真砂沢のカールをまっすぐ登り続け、壁になる手前でアイゼンに付け替えて真砂乗越に詰めあがる。
そのまま反対側(西側)を少し下って、ハイマツ帯に乗った雪をならして板を装着。そこから大走りへと滑り降りて、本日の周遊を完結。
大満足の一日でした。

5月5日
天気予報は、朝のうち曇りで昼前から夕方にかけて雨。気圧の谷が通過するとのこと。実際は8時頃からずっと雨で、夜は雪に変わったようだ(雪に変わったことは翌日知った)。
出かけても条件は悪そうなので、一日停滞を決め込みテントの中でごろごろして過ごした。

5月6日
天気予報は晴れ。

rout0506.gif
予定では御前谷を滑ることになっていたのだが・・・。

20140506-0.jpg
前線が通過して冷えると言っていた割にテントは暖かかった。テントに付着した雪の断熱効果だったようだ。

20140506-1.jpg
今日は、初めに少し登って、後は降るだけなので遅めの出発。幕営地からしばらくは、荷物運搬車のトラックを辿る。

20140506-2.jpg
途中から立山山腹の斜面に取りついて、一ノ越を目指す。

20140506-3.jpg
一ノ越から見上げた雄山。風が強いので登頂を断念。と同時に、自動的に御前谷滑降の予定も崩れ去り、御山谷にルート変更と相成る。

20140506-4.jpg
一ノ越から振り返った雷鳥平。ほとんどのテントが撤収され、一転して山間の農村の住宅事情を見るようだ。

20140506-5.jpg
御山谷へドロップ。といっても緩斜面だ。かなり固いが、ところどころ昨日積もった新雪が心地よい。
この後も終始緩~中斜面が続く。

20140506-6.jpg
露岩とハイマツの島を過ぎると、落ち込みがある・・・といっても、中斜面だが。
この辺りから、雪が重くなり、雨でできた縦溝が顕著になってくる。
前方で谷が狭くなっているあたりからは、左右からのデブリが出てくる。

20140506-7.jpg
1620M辺りまで降ると、雪が口を開けて沢が出てくる。

20140506-8.jpg
下流部は右岸通しに進んで、最後は壊れた夏道の橋を渡ると、御山谷は終了。

20140506-9.jpg
御山谷出合からは、ロッジくろよんの青い屋根が見えているが、思いのほか時間がかかる。ロッジくろよんからは舗装された快適な道で黒部ダムへ。
ダムは観光客で賑わっていた。

今年は関電トロリーバス(扇沢-黒部ダム)開通50周年とのこと。観光・登山に訪れてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2014.05.11 世附川源五郎沢
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ