FC2ブログ
2014. 05. 06  
恒例のGW関西遠征の大峰班は3-5日で白川又川本流。昔、フォールナンバーという沢雑誌に記録が載っているのは知っていたが、それ以外は大した下調べをせずに出かけた。

P5030001-s.jpg
3日。茗荷谷出合付近で入渓する。最初は何のことはない河原歩き。

P5030003-s.jpg
やがて深い釜が出てくる。

P5030006-s_201405061457295ec.jpg
白い岩と蒼い水、美しい渓谷を満喫する。

P5030007-s.jpg
段々と胸まで浸かる徒渉が増えてくる。本当に取水堰で水とってるのか~

P5030008-s.jpg
この通らずは左岸から巻く。

P5030009-s.jpg
結構な水勢で気を抜けない。なんか立合川状態になってきた。

P5030012-s.jpg
大水量を落とす滝。これが翌日への暗示になっていくのだが…

P5030016-s.jpg
真っ平らな優良物件で幕。

4日。
P5040017-s.jpg
テンバからすぐで取水施設に出会う。林道から道が通じていて、釣り師が糸を垂れていた。

P5040021-s_20140506145850cb2.jpg
大黒構谷出合先の木下淵。記録ではここを泳いでいたが、1.5mほどに圧縮された流れはかなり早く、どうも突破できる気がしない。寒いし。。ここから右岸を巻きに入るが、延々7時間かかる。

P5040022-s.jpg
巻きの途中で降りようとした場所。左壁から登れるか・・・いや厳しい。懸垂してきたところを登り直し、さらに巻き続け、Co530右岸枝沢で本流に復帰。

P5040023-s_20140506145852709.jpg
写真はわかりづらいが、上に壊れた吊り橋がかかっている。ここがフジノトコらしい。

P5040024-s.jpg
一日お疲れさまでした…

5日は中ノ又谷出合で遡行を切り上げ、林道を下って帰った。

ritani
スポンサーサイト



NEXT Entry
GW世附川源流~ナメと新緑の沢旅
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ