FC2ブログ
2011. 02. 17  
 Wさんと16日に今期初の本格徒渉をしてきました。場所は北部蓼科高原の女神湖北面を流れ下る大門川支流の本沢です。2月11・12日の降雪で流れの中の石の上にも30~40cmの積雪があり、ラッセルしながら遡行しました。漁協が管理しているエリアなので、我々がワカンを付けて2時間も林道を歩いた上流には放流して無いのでしょうか、。釣果は二人とも1尾づつの貧果でした。

 右手にストック・左手に釣竿を持ちながら、4時間弱も何の不安無く徒渉し続けられたのも、雪訓と白毛門のラッセルをしていたお陰かと思います。雪山の装備をしていたので、アプローチは上流の別荘地から尾根を乗り越すことも出来、その方が格段に早く到着できました。ルート選定という意味合いからは、日頃の山行が肝心な時に生かせなかったのが反省点ですね。沢と雪山をやっていると、色々な場面で怖さが薄れるので、そこんところは要注意がと感じています。 
 
 今回の徒渉にはアユ釣りで履く胸まであるネオプレーンのロング長靴を使いました。5mmの肉厚素材の一体構造なので暖かく、腰上まで水に浸かっても、水の浸入は全くありません。
沢へ入ると、今まで趣味で買い揃えた様々な道具が新たな命を吹き込まれ、今回も超ロング長靴は大喜びだと思います。 逆に不機嫌になったのは~うちのカミさんです。
スポンサーサイト



NEXT Entry
雪崩対策訓練
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考とさせてもらいます。ありがとうございました。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ