2013. 07. 18  
焼石へ向かって旅立ったのに、何故湯檜曾川の支流に...
涙なしには語れない(大ゲサ)転進劇はひとまず置いておいて、
(ちなみに「追いつ追われつ」は、雨・雨雲と...です)

連休最終日に、高倉沢の右俣へ行ってまいりました。
F薪です。

出合は大変にショボい。
高倉沢出合

雨模様で暗いし。大丈夫かと思わせますが、出合直後から滝場が続きます。
このようにうつくすぃナメも登場。
二俣手前のナメ
水平距離300mほどの間に、大小10以上の滝がありました。いや、正直びっくりでした。

二俣では左の方が水量多く、ナメ滝もかかっており魅力的。右は、これまた大丈夫か?と思わせる溪相。でも、ご安心ください。
右に入れば、狭いゴルジュを流れ落ちるトイ状の滝が多く懸かります。
下の写真の滝は倒木があったので、倒木を頼りに水流を登れましたが、倒木がなかったら登れなかったでしょう。
倒木のあるトイ状滝

とは言え、水が枯れ気味になってくると、こんな荒れた箇所も多く見られます。
上部のナメ

上部では、振り返ると、白毛門沢の大滝なども見え、線路や高速道路も見え(笑、大変気持ちのよい眺めです。
ガイドブックや過去の記録にあるスラブは、どうも違う枝沢をツメてしまったようでやり過ごしてしまいました。そういえば、途中入らなかった枝沢に立ったスラブを見たような...
水が枯れても、枯滝が続きましたが、何とかかんとか登ったり巻いたりして、最後に滑りやすい急斜面の藪を漕いで高倉山頂上へツメ上げました。

高倉山からは、天神平スキー場の斜面を駆け下りて15分でロープウェイの駅。
そこからは観光客に混じってロープウェイに乗り、らくらくの下山でした。
天神平

長い三連休だった...かな?
全然計画通りではなかったですが、楽しかったです。ハイ。
スポンサーサイト
NEXT Entry
徒渉訓練(その2)
NEW Topics
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
2018.4.1丹沢河内川大当沢
2018.3.25 神ノ川矢駄沢
2018.3.11 葛葉川本谷
2018.2.12 小櫃川キンダン川
2018.2.11 高宕川左俣~右俣
2018.1.28 スダレ山
2018.1.27 二岐山
2018.1.21上州武尊山
2018.1.14湯河原新崎川左俣
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ