FC2ブログ
2013. 06. 30  
8月29-30日、1泊2日の予定で、早川支流黒河内北俣に行ってきましたが、2回の高捲きに時間がかかるなどして、標高1200m付近で幕営して、同沢を下降して来ました。


工事中の堰堤の現場から入渓して、直ぐにゴルジュの入り口が見えてきます。↓ゴルジュ内の雰囲気は、曇りのせいもあり暗い感じで、上流に取水堰堤があるため水流も少ない。


↓取水堰堤とその上の3m直瀑。行きは、右岸を空身で登る。帰りは、取水施設上部の防護フェンス沿いの踏み跡を利用して、懸垂下降を交えて施設へ下りました。


↓取水堰堤を過ぎて直ぐのゴルジュの雰囲気。写真奥の2m滝は深めの釜があり、左岸をバランスで越える。右岸にはトラロープが垂れ下がっているが、つるつるの岩で登るのは大変である。帰りには、トラロープには頼らずに、懸垂下降が無難です。


↓北俣出合のナメ小滝を振り子懸垂で越えました。


↓北俣に入って直ぐの5m直瀑。左岸を高捲きましたが、水量が少なければ、ホールドもありそうなのでシャワーで登れるかもしれません。ただし落ち口はつるつるです。


↓両岸の高捲きを試みたが大変そうで、結局倒木を利用して直登しました。


↓2条4m滝は、左岸を高捲く。この先、いくつか滝を越え、すこし開けたところで幕営しました。


↓2日目、上記の滝の左滝を巨大流木を利用して懸垂下降。


↓流木を利用して懸垂下降を試みる、結局、中段から右へトラバースする。


↓北俣出合から過ぐの5m滝は、立木を利用して懸垂下降。釜も深くなくシャワーを浴びて下りるのがスタンスもあり安全かも。左側はハング気味で流心へ振られます。


帰りは4時間半で入渓点にもどり、奈良田温泉の町営入浴施設で汗を流しました。
次回には、完全遡行をしたいものです。
noy
スポンサーサイト



NEXT Entry
晴れてたらよかったのにねぇ(安蘇沢カラ沢左俣~拭沢下降)
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ