2013. 04. 21  
4月20日、シダクラ沢へ出かけた。
今年の春は暖かい日が続かないが、この日も肌寒い上に、夕方から雨の予報。

朝のうちは時々薄日も差し新緑がきれいだったが、水はまだ少し冷たい。
濡れたくないな~と思いつつ、濡れずに登ろうとすると巻き巻きになって沢登りだかなんだかわからなくなるので、それなりに水線をはずさないように遡った。

入渓後1時間ほどで現れる6m滝にて。
Shidakura01.jpg

新緑がきれいだ。
Shidakura02.jpg

740m付近の二俣を右に入ると沢の傾斜が増し、さらに奥の二俣で水が涸れる。
水が涸れた後は、落ち葉の積もった斜面をひたすら登る。
大ブナ尾根1128mから北北東へ延びる小尾根に乗ったあたり。急登だ。
Shidakura03.jpg

稜線に近づくと、カタクリがそこここに。花は咲き始めくらい。
Shidakura04.jpg

黙々とツメ上げて大ブナ尾根の登山道へ出た途端、冷たい風が吹き付ける。寒~い。
おまけに雨が降ってきた。夕方からじゃないのか~。

御前山を越えて、鋸尾根を下山する予定だったが、大ブナ尾根を奥多摩湖へ急ぎ下山した。
奥多摩湖でバス待ちの間に、本降りの雨に。

反省会は、立川の居酒屋で。塩地谷に入っていた、A木さんチームも途中から合流して賑やかに夜が更けていくのであった。
スポンサーサイト
NEXT Entry
奥多摩深部は雪でした
NEW Topics
2018.2.11 高宕川左俣~右俣
2018.1.28 スダレ山
2018.1.27 二岐山
2018.1.21上州武尊山
2018.1.14湯河原新崎川左俣
2018.1.7 黒姫山
2018.1.6 御巣鷹山(小黒姫)
2017.12.29-30 八ヶ岳 東天狗岳
2017.11.25塩原鹿股川桜沢
加入道Night!!(2017.11.18-19:丹沢・加入道避難小屋)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
カテゴリ