2013. 04. 15  
4月に入り、逍遙もぼちぼち沢始め。奥多摩の沢登りでもあまりメジャーとはいえない養沢川だが、これまた無名に近いオオクラミ沢を遡行する。

どこからこの沢を知ったかというと、白山書房刊「東京周辺の沢」の奥多摩エリアの概念図から。小沢にもかかわらず名前が載っており、しかも「大暗見(?)」という名前にもそそられるものを感じたので地形図を確認してみると、やはり鋭い切れ込みにゴルジュの存在を読み取れた。

P4130002-s.jpg
オオクラミ沢下流。なんと言うことのない小沢である。

P4130004-s.jpg
問題のゴルジュ、F1・6m。まともなゴルジュが出てきてほっとする。この滝は右壁から上がるが落ち口がちょっと嫌らしい。

P4130006-s.jpg
F2・6m。右岸から巻く。トイ状ゴルジュがこの上に続くがすぐに河原になる。

P4130009-s.jpg
Co760を左沢に取るとやがて白い涸棚が出てくる。この最初の20m滝はほぼ中央から、上段は左寄りに登る。下はⅢ-程度だが落ち口がちょっとしょっぱい。

P4130010-s.jpg
続く2段30m滝。これはちょっと無理で右岸から巻。巻きといっても傾斜がきつく油断ならない。

これで滝場は終わり、2つの沢型に挟まれた小尾根を登っていくとやがて登山道に出る。

沢の規模の割にはなかなか面白かった。あまり濡れないのでこの季節には最適だ。

I谷
スポンサーサイト
NEXT Entry
三つ峠岩場
NEW Topics
加入道Night!!(2017.11.18-19:丹沢・加入道避難小屋)
2017.11.12_レスキュー秋
焚き火は大成功!!(2017.11.03-04:足尾・松木川丸石沢~仁田元沢下降)
2017.10.28 内川 岩魚沢
終わりよければ...(2017.10.28:谷川・湯檜曽川湯ノ沢)
2017.10.21秋の集中A班 苗場檜俣川赤ノ沢西赤沢
2017.10.21 秋の集中 B班 檜俣川悪沢
2017.10.14_貝沢川
2017.10.07-09奥鬼怒湯沢
2017.10.08-09_大石川イヅグチ沢etc
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ