FC2ブログ
2013. 02. 12  
雪山緊急時のビバーク生活術訓練を行った。
渋滞に巻き込まれた昨年は時間切れで雪洞作成のみの訓練であった。
今年は予定通り集合できたので、下記メニューを春山を感じる晴天の中で消化する。
 ●ツリースポットを利用したビバークスペース作成(作成時間10分)
 ●リュックを活用したスノーマウント作成(作成時間20分)
 ●1人用雪洞作成(作成時間30分)
 ●4人用雪洞作成(作成時間2時間)
  (参加人数4名)

P2101628_R.jpg晴天の土樽駅前P2101630_R.jpgスリースポットで簡易避難場所を作成。掻き出した雪を周りに積み上げれば完成する。思ったより簡単、足を延ばす横穴を掘り、銀マットを敷き、ツエルトを被れば完璧。これは使える(作成時間10分)
P2101635_R.jpgスノーマウント作成。リュック4つにブルーシートを乗せる。上と周りから雪を積み上げ押し固める。リュックを一つ一つ抜き、最後にブルシートを引き抜く。下を掘下げ広げると2人は十分足を延ばして寛げるスペースが確保できた。(作成時間20分)
P2101641_R.jpg 1人用雪洞作成。雪質にもよるがこれも最低限のスペースなら簡単に作れた(作成時間30分)
P2101651_R.jpg最後に4人が十分寛げるスペースの雪洞を作成し中で大宴会を開催する。食当のトマトベース名古屋赤味噌の豚バラ野菜鍋は最高に上手かった(作成時間2時間。掘り易い雪質だった)去年は雪洞完成まで3時間を要したので今年は合格だろう。日本酒3升も合格か?
スポンサーサイト



NEXT Entry
仁科川 三階滝沢
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ