2013. 01. 06  
冬でも沢登りを楽しんでいらっしゃる皆様、明けましておめでとうございます。

我々逍遥渓稜会冬沢部では、新年山行として丹沢・勘七ノ沢を遡行して参りました。

いつもは二俣まで車で入るのですが、今回は新年山行、後に宴会が控えているためバスで大倉へ。そこから1時間程歩いて入渓点に向かいました。この日はかなり気温が低く道路も凍っている状態、寒くて嫌だなーとの思いも歩いているうちに体が温まったせいか、消えてしまいました。

さて、この沢で一番難しいと言われるF1に到着。以前登った時より、壁が立っているように感じるのは気のせいか?水流沿いが凍っているのが気にかかり写真を取るのを忘れてしまいました。前回は釜に入ってから壁に取付いたのですが、今回は濡れたくないのでシュリンゲがぶら下がっているところまで斜めにアプローチ。若干バランシーな部分もありますが、シュリンゲを掴んでしまえば問題なし。上部はアイスハンマーで氷を割り、足場を確保して登ります。セカンドは新人Dさん。期待通りバランシーな部分でテンションし、釜に浸かってくれました。

F2は全員問題なく右壁からクリア。F3は左岸のへつりが少し嫌らしい。ここでもDさんがパフォーマンスを披露。皆の期待に応えてくれました。(写真は釜に落ちたDさんとそれをみて笑いをこらえるH部長)
IMGP0929.jpg


F4の上段はアプローチする左岸がびっしり凍っており、Aリーダーの助言通り上部の木を使って振り子トラバースをするつもりでした。が、あまりにも凍っている面積が広いため、メンバがあまり乗り気でなく、少し戻って右岸から巻きました。
IMGP0930.jpg


F5は高さ12mのまっすぐに落ちる滝。水流左側がルートですが、写真の通りびっしり凍ってました。でもここを巻いてしまうとこの沢に来た価値が無くなるので、アイスハンマーを準備してトライします。一段目のバンドと2段目のバンドの間がかなり凍っており、一歩進むたびに手の届く範囲の氷を全部たたき落とす作業の繰り返しです。上部は氷も薄く手で取れる程度で、なんとかこの滝をクリア。Dさんが若干心配でしたが、一度のテンションで見事クリアしてくれました。
IMGP0931.jpg


上部のゴルジュ帯に入ると、既に十分濡れているので怖いものなしのDさんが本領を発揮します。我々は濡れたくないので水流を避けて登りますが、Dさんは水流沿いにこだわってどんどん登ります。この勇敢?な行動が評価されH部長より冬沢部キャプテンに任命されました。おめでとう
IMGP0935.jpg


さて、次回の冬沢部企画は「冬沢でも焚き火でナイト」なのですが、参加者がいるのかなー。

というわけで、今年もよろしくお願い致します。



スポンサーサイト
NEXT Entry
スキルアップ講習第1回(ザイルワーク)
NEW Topics
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
2018.4.1丹沢河内川大当沢
2018.3.25 神ノ川矢駄沢
2018.3.11 葛葉川本谷
2018.2.12 小櫃川キンダン川
2018.2.11 高宕川左俣~右俣
2018.1.28 スダレ山
2018.1.27 二岐山
2018.1.21上州武尊山
2018.1.14湯河原新崎川左俣
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ