2012. 12. 24  
さてこちらは逍遙アイスクライミング部(略してSICC)のご報告。

12月23日に今シーズンの活動始めということで、八ヶ岳・広河原沢左俣へ行く。当日は天気もよく、大層な人出で青空の下快適なアルパインアイスを楽しんだが、やはりシーズン始めは足が重かった。

PC230006-s.jpg
左俣に入って最初に出てくる2m滝。この滝が登れるようなら上部の状態は問題ないが、早くも良好な氷結である。

PC230007-s.jpg
次の5mもこもこ滝。

PC230010-s.jpg
最初の本格的なクライミングとなる10m滝は2パーティが順番待ちでどうしようもなく、残念ながら巻く。

PC230011-s.jpg
沢筋に日が差し、青空と氷雪のコントラストがすばらしい。

PC230012-s.jpg
登っていて思わず笑みがこぼれる。

PC230013-s.jpg
順番が先頭近くなり、沢に静寂が戻った。

変換 ~ 021


この後、核心の10m滝を迎える。上部が垂直で、テンション無しでいけると思ったがレストの体勢がまだまだであり、無駄な腕力を使ってしまいアックステンション交じりで登るに留まった。うーん垂直は難しい。

変換 ~ 023


さらに登り続けると源頭となり、いつしか御小屋尾根へ詰め上げた。大同心、阿弥陀岳方面が素晴らしい景色であった。

変換 ~ 025


SICCは常時部員募集中! レベルにあまり差のない今こそいかが? 冬沢部と山スキー部を出し抜きましょう!
スポンサーサイト
NEXT Entry
八ヶ岳 中山尾根
NEW Topics
2018.7.8 徒渉訓練
沢の名は。(2018.06.30-07.01:朝日前衛・女川コウザギゾ~大蔵赤松沢)
焚き火のち湿原(2018.06.23-24:帝釈・実川源流部田代巡り)
少し不思議...(2018.06.17:飯豊前衛・実川八ツ目沢)
相鉄線沿線?いえいえ...(2018.05.26:鶴沼川二俣川左俣)
2018.5.13 一之瀬川竜喰谷
2018.5.19笛吹川東沢鶏冠谷左俣
一見の価値あり、百間滝(2018.05.06:三滝川東多古知谷)
鈴鹿エメラルド(2018.05.05:野洲川元越谷)
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
Comment
No title
ICの天気が良いと気持ち良さそうですね。順番待ちの人気と思ってませんでした。

SICC? 冬沢部もかっこいい略称を考えねば。。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ