2012. 12. 08  
逍遙祭当日、会場の氷川キャンプ場にもっとも近い山行計画。

8時半に駅に集合し、30分の急な登りで岩場に着いた後、ウォーミングアップの1本目の最中に霰が降ってくる。
ホールドに霰がみるみるうちに積り白くなり、指先が冷たい。
霰の後は雨。午後には早くも下山することになりましたが、残念なことに下山する頃には快晴に。



雨の中、BCコンタクトを攀じるDさん。雨のなかお疲れ様でした。


noy
スポンサーサイト
NEXT Entry
師走の越沢バットレス
NEW Topics
相鉄線沿線?いえいえ...(2018.05.26:鶴沼川二俣川左俣)
2018.5.13 一之瀬川竜喰谷
2018.5.19笛吹川東沢鶏冠谷左俣
一見の価値あり、百間滝(2018.05.06:三滝川東多古知谷)
鈴鹿エメラルド(2018.05.05:野洲川元越谷)
祝!初檜枝岐、初山菜(2018.04.14:会津駒ケ岳MS)
2018.4.1丹沢河内川大当沢
2018.3.25 神ノ川矢駄沢
2018.3.11 葛葉川本谷
2018.2.12 小櫃川キンダン川
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ