FC2ブログ
2012. 11. 25  
11月23-25日。逍遥の年度末である。一年の締めに、また一年の疲れを癒すべく温泉宿山行を企画する。場所は温暖な南紀の高田川・西の谷ナル谷。遡行後は雲取温泉に泊まり、温泉と宴会だ。

23日 新宮駅に集合後、タクシーで高田小水力発電所へ。道路には去年の水害の跡が生々しい。
PB230083-s.jpg
ここから入渓。谷そのものには荒れた跡は見られなかった。

PB230086-s.jpg
最初に現れる滝、一の滝15m。右岸から巻く。

PB230087-s.jpg
二の滝40m。末広がりで縁起がよい? 堂々たる風格である。荷物が軽ければ中央を突破できるだろう。左岸から巻く。

PB230088-s.jpg
二の滝を高巻中から。

PB230089-s.jpg
二の滝上にもナメ滝が続き、美しい。

IMGP0860.jpg
岩に積もった落ち葉も美しい。


PB230092-s.jpg
テンバを前にして谷は平流となる。静かなること、水の清らかなること筆には尽くせない。

IMGP0864.jpg
最高のテン場発見。

PB230093-s.jpg
砂地の台地にテントを張る。寒くもなく超快適!

IMGP0869.jpg
焚き火も今年最後だなぁ。。

24日 今日は核心部の遡行だ。遡行後は温泉が待っている。

PB240097-s.jpg
最初は淡々とした河原が続き、冗長だがCo459の二俣を過ぎると谷は躍動する。大岩の間を落ちる多段の岩間滝。

IMGP0879.jpg
振り返ると紅葉真っ盛り。

PB240100-s.jpg
綺麗なスラブ滝が出てきた。

PB240101-s.jpg
そのスラブ滝を右壁から突破する。

PB240102-s.jpg
南紀の特徴たるスラブ滝とナメ。そのナメが現れる。

PB240104-s.jpg
うーん綺麗。

IMGP0882.jpg
どこまでも綺麗。

PB240106-s.jpg
優美以外の何者でもない。

PB240109-s.jpg
クレバスのような釜を持ったスラブ滝を登る。

PB240111-s.jpg
Co660を左に入ってもナメが現れる。

IMGP0890.jpg
木漏れ日とナメの組み合わせは最高。


下山後は温泉に入り、新宮に出て飲み、温泉に帰ってまた風呂、酒、翌朝起きてまた風呂、帰りのワイドビューでまた酒と年度末にふさわしい? 飲んだくれ山行になった。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2012年逍遙祭開催される!
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
年度内でワイドビューに2度も乗車できるなんて羨ましい限り。
綺麗な谷ですね。申し分ないテン場もね。
懐かしい・・高田グリーンランドは大学生の時、素泊まりで宿泊しました。確か2200円だったような。同じく新宮に繰り出し海の幸をたらふく食し戻って温泉に入りました。
沢ヤカ男
No title
沢ヤカ男さんへ

高田グリーンランドの素泊まりは3600円になってましたが、気の置けない雰囲気はそのままだと思います。新宮では「かつ田」に入るつもりでしたが一杯で、他の店も満席のところが多かったですよ。3連休のせい?
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ