2011. 01. 23  
冬型の気圧配置も緩んだ1月22日、恒例?冬の沢登りに行く。
20年振りの四十八瀬川勘七ノ沢は我々を暖かく迎えてくれた。
ここは、自分が沢登りを始めるきっかけとなった原点の場所。
一歩一歩踏みしめながら遡行した。
ゲレンデ化してるのは少々残念であったが・・
沢の要素が凝縮され、楽しめるところは昔も今も変わりなかった。


 沢ヤカ男

勘七ノ沢F5を直登する
スポンサーサイト
NEXT Entry
濁川・日向沢IC
NEW Topics
加入道Night!!(2017.11.18-19:丹沢・加入道避難小屋)
2017.11.12_レスキュー秋
焚き火は大成功!!(2017.11.03-04:足尾・松木川丸石沢~仁田元沢下降)
2017.10.28 内川 岩魚沢
終わりよければ...(2017.10.28:谷川・湯檜曽川湯ノ沢)
2017.10.21秋の集中A班 苗場檜俣川赤ノ沢西赤沢
2017.10.21 秋の集中 B班 檜俣川悪沢
2017.10.14_貝沢川
2017.10.07-09奥鬼怒湯沢
2017.10.08-09_大石川イヅグチ沢etc
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ