FC2ブログ
2010. 11. 15  
昨年、単独で挑んで敗退した立間戸谷へ行ってきました。
源助滝上の連瀑の突破が厳しく、ボルトを打っての人工でないと超えられなそうだったので一旦源助滝まで引き返しましたが、牛鬼滝から始まる上部連瀑帯とナメは素晴らしく、一級の溪でした。

tatematodani1
下の2条2m滝は越えられたが上の7m滝の前に深い淵が横たわり、流れも強い。この時期に泳ぎは・・・
左壁の凹角に活路を求めるも結局越えられず。ぬめっててフリクションが利かない。
tatematodani2
牛鬼滝50m。この滝を越えた後も次々と巨瀑が現れ、素晴らしいの一語。更に上部のナメも雰囲気最高で今年最後になるであろう沢の泊まり山行を堪能した。
tatematodani3
焚き火~♪
テンバは寝心地良すぎて寝坊した!

スポンサーサイト



NEXT Entry
掘り出し物ですね~
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
本当は・・・
出発予定時刻v-245前に何度か目が覚めたんだけど、v-271食当が起きないんで起き出しませんでした。動くと腹減るしね。
そんなわけで、一時間遅れで行動開始になったけど、問題なかったね。
っていうか、帰路を夜行v-104に変更してゆっくりv-275飲んでたんだから当然か・・・。
これからは
目覚ましかけて寝ないと起きられない季節になりますかね。
日の出は遅いし。家でも近頃は出勤ぎりぎりまで寝てしまう・・・ぐはっv-75
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ