FC2ブログ
2012. 10. 22  
10月21日、シーズン終盤に恒例の谷川岳アルパインということで、一ノ倉の大クラシック・2ルンゼ~Aルンゼへ。

このルートは一ノ倉の難関、滝沢下部を迂回する目的で拓かれ、初登されたのは実に1933年のことで登るに楽しく、以後再訪が絶えない。

PA210040-s.jpg
本日の出合からの様子。計画では2ルンゼまで本谷通しに行く予定であったが、まだ雪渓が残っていてこれを断念、テールリッジ経由にする。

PA210043-s.jpg
本谷下部の渓相。残置は多いものの滝が連続し、沢登りとしても結構楽しめる。

PA210047-s.jpg
二ノ沢出合付近に雪渓が残る。テールリッジに取り付いてから撮影、順調に登っていくと突如轟音とともに雪渓が崩れる。・・・本谷通しで行かないでよかった(汗

PA210048-s.jpg
テールリッジ中盤にて、易しいけど油断大敵、落ちたら確実に死亡だ。

PA210050-s.jpg
2ルンゼ出合。本谷バンドから本谷に降りてすぐなので分かりやすい。

PA210051-s.jpg
2ピッチ目、CS滝下に向かってロープを伸ばす。

PA210055-s.jpg
石門が見えてきた。この下をくぐるとザッテルはすぐだ。

PA210057-s.jpg
ザッテルから滝沢上部、Aルンゼを望む。左の岩峰はドーム、右がマッターホルン状岩峰だ。

PA210063-s.jpg
Aルンゼも手ごたえのある滝があり、面白い(というか嫌らしい)。ドームとマッターホルンに挟まれたゴルジュはまさに威容である。

PA210067-s.jpg
最後の左の凹角を登ると。

PA210068-s.jpg
終了点となり、ハイチーズ。面白かった! この後草付を少し登ると登山道はすぐだ。
スポンサーサイト



NEXT Entry
大源太川 北沢 本谷
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ