FC2ブログ
2012. 10. 16  
10月13-14日で会の集中山行が中央アルプス・空木岳で実施され、2班は与田切川オンボロ沢左俣へ。

下流部から中流部にかけて脆い岩の滝場があり、下手に巻くと非常に危険だ。実際巻きの途中で荷揚げしたところ派手に落石し、冷や汗をかかされた。

PA130019-s.jpg
飯島駅からタクシーでシオジ平自然園へ行き、林道を歩いて入渓、最初に出てくる滝がこれだが既に岩はぼろぼろ、スタンスの上に砂が載っていて嫌らしい。

PA130023-s.jpg
核心部、4段25mの滝。左岸のボロルンゼから巻きに入るが、上部が崩壊していて非常に危険。何とか突破したが荷揚げの途中に落石が後続を襲い、ヒヤリとする。もっとましな場所から巻くべきだった。

PA130025-s.jpg
Co1800二俣、左俣に入る。

PA130026-s.jpg
左俣出合の2段8m滝を登る。水流沿いはまだ岩は硬いほうだが。。

PA130027-s.jpg
上部は延々とゴーロ帯となり、うんざりする。

PA130029-s.jpg
振り返れば麓の町と南アルプスの山が望まれ、非常に景色がいい。

PA130030-s.jpg
オンボロ沢右俣の源流をなす大崩壊壁、百間ナギ。背筋が寒くなる。

PA130032-s.jpg
百間ナギの縁に擂鉢窪避難小屋が立つ。今夜はここで泊まった。

PA140033-s.jpg
翌日、小屋のカール底から稜線へ向かう。この後、空木平避難小屋で集中となる。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2012月10月13-14日 秋の集中:大田切川本谷
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
こんばんは、かすみと申します☆
ttp://kasumin3333.blog.fc2.com/でブログ書いてます♪

ブログ、楽しく読ませてもらいました―♪
風邪は大丈夫になりましたか?
3カ月前に登山に行ってからアウトドアの魅力を知りました♪色々勉強になります(^^)

またコメントさせてくださいね♪
私のブログにもよかったら遊びに来てください☆

あっ…男性依存症の病気なので((+_+))
そういうものに御理解があれば、
私のブログにも遊びに来て下さい★
これからも更新楽しみにしてます♪

ブロとも、相互リンクも募集してますので
気軽に申請お待ちしてます♪
オンボロでしたね~
落石の怖さを思い知り...

とは言え、思い出深い山行となりました。
3班とは集中ならなかったのは残念でしたが、お天気にも恵まれ、稜線からは南北アルプス、八ヶ岳、富士山までよく見えました。
やっぱり、アルプスの稜線歩きはいいですね。

下山では、やや身体がオンボロ気味になりました。もう少し鍛えねば(笑
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ