FC2ブログ
2012. 09. 20  
会の若年の精鋭2名とほぼ老年にちかい新人一名のトリオで赤石沢に行って参りました。

今年は渇水。老年の遡行には丁度いい感じです。
この淵は今回唯一泳いだ所。
ニエ淵

一日目の予定は大ゴルジュの手前まで。前夜寝不足の体には辛いが、若いリーダーは容赦なくどんどんペースを上げる。昼過ぎには門の滝到着。写真よりも実物は迫力満点。水量があったら恐怖心が芽生えそうな感じです。

門の滝

大ガランを過ぎ、赤岩の淵に到着。そろそろ疲れもピークでのんびり釣りと焚き火をしたい所だが、リーダーは休憩なしにどんどん先行する。
赤岩の淵

4時半過ぎ、大ゴルジュ手前のテン場でやっと落ち着く。リーダーが釣ったイワナと焚き火で宴会。やっぱり焚き火はいいね。
夜中にトイレに起きようとしたら久しぶりに太ももが釣った。かなりダメージがあるようだ。
焚き火

翌朝は朝から大ゴルジュの巻きに入る。

大ゴルジュ

ゴルジュを越えるとのんびりムードとなり、イワナの水中写真などを撮りながら進むが、相変わらずリーダーのペースは速い。

イワナの群れ

あっという間に百間洞の大滝に到着。メンバーから水流左が登れそうとの意見もあったが、結局左岸から巻く。

百間洞大滝

百間洞山の家には1時に着いてしまい、真っ昼間からベンチで大宴会となった。
IMGP0537.jpg


翌朝は3時起き。
強風雨の中、赤石岳を越えて下山。標高の高い所ではナナカマドが色づき始めてました。

ナナカマド

スポンサーサイト



NEXT Entry
和名倉沢
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
お疲れ様でした。今後はより情報が少ない沢へ行って経験を積まれるといいと思います。

地形図だけを頼りに行動すると面白いですよ。
No title
ちょっと早めでしたかね。
滝や巻きで時間がかかる想定だったので、歩きは早めにしました。。。
無事に、山行完了でき良かったです。車ありがとうございました。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ