2012. 07. 17  
7月16日。本来は14-16で南ア・信濃俣河内の予定だったが悪天に中止となり、予備計画の苗場山・釜川右俣ヤド沢へ赴く。

釜川へは初めて足を運んだのだが、これほど優美と豪快を併せ持った谷があったとは。スラブやナメの美しさは上流まで絶えることなく、ヤド沢の大滝の豪快さには息を呑む。これが日帰りの沢で展開される。つくづく日本は恵まれている、と思わざるを得ない。

P7160019-s.jpg
三ツ釜前、淵を泳ぎで突破する。手掛かり豊富でロープを出すほどでもない。泳ぎはこの一箇所。

P7160027-s.jpg
有名な三ツ釜。整った形といい、すっきりとしたスラブといい文句のつけようがない。

P7160034-s.jpg
千倉沢側にある三ツ釜のテラス。沢屋だったらここにテントを張るしかない?

P7160039-s.jpg
ヤド沢、スラブ滝とそれに続く20m滝、右壁をシャワーで登る、これぞ夏の沢登りだ!

P7160040-s.jpg
40m滝。左壁リッジ~小水流沿いを登る。快適、豪快、痺れる!

この後も大滝、ナメ、晴天に映えて美しすぎる。一日で沢登りのほぼすべてを体験できる銘渓だ。中級者以上向けではあるが関東を代表する沢であることに異論はないだろう。
スポンサーサイト
NEXT Entry
長大な滝のような沢でした~中房川白河沢
NEW Topics
2017.7.22 長走川深沢 綱木俣沢途中退却~田代沢
湧き水&山道(2017.07.23:神宮川ヤチキ沢)
2017.07.16-17_前川本谷
2017.07.15-16 長走川 淀ノ沢~大面沢
2017.7.2 長走川 モウコ島沢~赤沢
2017.6.25 玉川 ナダレ沢
2017.06.24 玉川 片貝沢~藤倉沢
2017.06.18 大荒川スグノ沢
2017.06.17 玉川大アネ沢
遡ってみました(2017.06.17:足尾・仁田元沢~石塔尾根)
Comment
No title
三つ釜美しいですねぇ。
天候的には、月曜が一番当たりでしたか。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
ほんとに素晴らしい沢でした。天気にも恵まれ、Sリーダーの月曜日に延期、釜川転進の選択に感謝です。
I谷氏のリードは安心感絶大で、この滝の景観を満喫できました。
早くこのような沢をリードできるようになりたいものです。
I見氏&kanroku氏へ
I見氏へ
リーダー的には妄想が過ぎて期待外れだったようです。

kanroku氏へ
恐れ入ります。是非経験を積んでリードしてみてください。面白いですよ~

そして早くCL職から解放してください。

・・・飛躍しすぎか。
良かったです
体調は不良でしたが、皆さんのおかげで、行けて良かったです。
梶原さん、車ありがとうございました。
No title
三ッ釜は深すぎるので、ライフジャケットを着て飛び込んで泳ぎたいような、梅雨明けでした!
みなさま、お疲れ様でした。
No title
うわ~綺麗な沢ですね~
いつか行きます
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ