FC2ブログ
2012. 07. 09  
定例訓練の一つ徒渉訓練が丹波川の三条新橋周辺で行われた。
嬉しいことに、今回欠席者ゼロ。これはなかなか大変なことだ。
渓友塾のメンバーと飛び入りで参加した方々も合わせ、大変賑やか。
天候にも恵まれ、焚火も熾しながら様々なメニューを消化した。

沢登りの中で重要な技術の一つ「徒渉」は大きなリスクを有します。
大きい沢の下流部、激流部、増水した沢で徒渉中に流されたら誰も助けることはできません。
そのため重要な訓練なんです。水の怖さを体感するとともに、自分の限界を知る機会でもあります。
                                            沢ヤカ男
P7080241_R.jpg徒渉訓練開始前。リーダーより班編成、訓練メニュー、庶務事項の確認が行われる。
P7080244_R.jpgわがチームはいきなり泳ぎの訓練からスタート。日も差さない暗い場所で寒いのなんの。
各種泳法、飛び込み、リュックを背負って足の着かないへつり等々を訓練。
P7080245_R.jpgザックピストン 引っ張ってもらう側はラクチンだ!
P7080249_R.jpg三人でのスクラム徒渉(安定性抜群だ)
P7080251_R.jpg流木を使っての単独徒渉(自分の背より長いしっかりしたものを選ぶこと)
P7080253_R.jpgやや激流帯でのザイル徒渉訓練
P7080254_R.jpg焚火を熾し、昼食タイムとする。
P7080256_R.jpg午後から激流帯でザイル徒渉訓練を行う。今年の水勢は激しかった!
P7080260_R.jpg新入会員のIさん 頑張ってました。
P7080261_R.jpg簡易作成のチロリアンブリッジで川を渉る
P7080270_R.jpg
3時だよ全員集合!!(8の左を少し削ると3になること発見した 何だそりゃ?)
朝日の夏合宿に向けて、お腹だけは水ぶくれにならんよう、ウエイト調整も入念に!
スポンサーサイト



NEXT Entry
幻の大滝
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
お疲れさまでした~

他の会の訓練もやっていて、大変賑やかな三条新橋でしたね。

リーダー役のひとりとして参加しましたが、説明不足や進行の不十分な点もあり、班の方々には申し訳ありませんでした。
最初に、基本的な徒渉の話から入った方が、特に始めての渡渉訓練の方にはよかったようにも思いました。

それにしても、よく泳いだ~(笑
No title
皆さん、お疲れ様でした。
初めての徒渉訓練は、目からうろこでした。
しかし、完全防水した積もりが、ザックの中身はビショビショ...。
防水の研究が必要ですな。
去年は、ぼくも防水の重要性…というか、荷物が水に浸かるってこういうことなのね…ということを学びました。

それも、徒渉訓練の意味なのかも、と思っています。
No title
私もリュックの中身が浸水したり、極寒の中で徒渉訓練したことが、
あとから身の肥やしとなって本番で活きてきます。
決して失敗ではありませんよ。

それにしても立川の3次会(電車中が2次会)のお会計どなたが?
4次会の会計も?
気付いたらY田さんと武蔵中原駅、当然、タクりました。

 沢ヤカ男
どうもありがとうございました
突然、飛び入り参加させていただいた、立川山岳会4人衆です。
初めての徒渉訓練は、とても楽しく、大変勉強になりました。
流れの読み方、単独徒渉、スクラム徒渉、ロープを使って徒渉、
泳ぎ、チロリアンブリッジまで、
丁寧に教えていただき、どうもありがとうございました。
宗像塾長をはじめ、逍遥の皆さまに、感謝の気持ちでいっぱいです。
また、どこか沢や山でお会いしましたら!
No title
立川の皆さん、ご来訪ありがとうございます~

今回の徒渉訓練はきっかけに過ぎないかもしれませんが、沢での遭難防止の一助になれば幸いです。沢の技術書などを読み、今回の内容を反芻してみると良いかと思います。

それではまた、どこかでお会いしませう!
No title
いや=すっかり溺れました
今後の遡行にいかせればと思います=
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ