FC2ブログ
2012. 07. 01  
「沢を登ってキタダケソウ鑑賞」、去年はメンバーの体調不良によって途中退却に終わりましたが、今年も懲りずに企画しました。上流域は旧北岳小屋跡へ詰め上げる沢ではなく、地形図に水線が記された(日本登山大系には滝沢と書かれている)沢を詰めました。池山沢出合から滝沢出合の間はゴーロ歩きに終始するものの、前半ゴルジュと滝沢出合の二つの滝はそこそこ楽しめた上、キタダケソウは満開で、納得の山行でした。

荒川右岸道が分断されていて、堰堤登攀する羽目に
昨年は荒川右岸道が北沢出合より上流(本谷側)まで続いていたが、今年は右岸道が河原に降りたところから分断されていて、早速沢支度する。堰堤下流の橋は鉄板が外されているものの鉄柱が渡したままになっているので渡れたが、そこから堰堤の間の道がなくなっており、この堰堤を登攀する羽目になった。

今年は出合付近を徒渉できた
その代わりと言っては何だが、出合付近を徒渉できたので、北沢を出合から遡行できた。

池山沢出合まではゴルジュ帯で、いくつかの5m急の滝を懸ける
出合から池山沢出合まではゴルジュが続く。概ね右岸通しに道がついているが、水に浸かっていこうと思えばそれなりに楽しめる。5mクラスの滝が幾つか懸かるが、最大のものは6m。その釜を腰まで浸かって左壁の凹角に取り付く(簡単)。
池山沢が近づくにつれて開けてくる。出合付近には吊橋が架かり、ほぼ直下に堰堤がある。そこからひたすらゴーロ歩きとなるが、2060m辺りから弘法小屋尾根に伸びる枝沢へと雪渓が続く。ちなみにここは三俣になっており、真ん中の沢が間ノ岳へと伸びていて昭文社の登山地図ではこれが滝沢と書かれている。右岸から雪渓を渡って本流沿いを行くとすぐに滝沢出合となる。

滝沢出合の滝15m
滝沢に入るといきなり15m滝が飛沫を辺りに舞わせていて、ひんやりする。左岸を簡単に巻けるが、右側斜上バンドを行くと落ち口に立てる。バンドに下降箇所があるので慎重に!

直後に10m滝が続く
15m滝の落ち口に立つとすぐに10m滝が現われる。巻きは厳しそうだし、滝の両壁も一見ホールドがなさそうだ。よく見ると左壁に指2~3本かかる程度のホールドがあり、5mほど登れば斜度が緩くなり岩の窪みも多そうだ。幸い岩はしっかりしておりフリクションも効いたのでいい感じで登れた。

滝場を過ぎて間もなくすると雪渓歩きに終始する
標高2165mからは(途中2275mで一旦途絶えたが)延々と雪渓歩きが続いた。

中白根山寄りの2670m付近の等高線が開いた辺りの雪田がこの日の幕場
標高2670m付近、北岳山荘と中白根山の稜線中間点の下部にやや等高線が開いたところがある。そこにできた雪田がこの日の幕場になった。少し整地して、寝ててもずれ落ちない程度の平地を作ってテントを張った。

八本歯ノコルと北岳山荘のトラバース道沿いにはキタダケソウが満開
二日目は北岳山荘直下へ向けて樹林帯をトラバースするとポンプ設置点に出た。そこから道を辿ると北岳山荘に導かれる。
そしてお目当てのキタダケソウ自生地を通るトラバース道を進むと、ちょうど中間付近にキタダケソウ群生地がある。ほぼ満開、本日見頃と言った状態で満足。その先の分岐点にかけてもキタダケソウがハクサンイチゲと混成している。

キタダケソウ
キタダケソウ(ややアップで)。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2012年 徒渉訓練
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
No title
長い詰めのような雪渓歩きにはスピードが出ずにへばりました。軽アイゼンは足運びが悪いのか私には役に立たなかったようでした。noy
雪渓歩き
よく締まった硬いところを選んで、足首を柔らかく使って雪面に対して足裏をフラットに押し付けるとよかったかもしれません。ただ、足首が硬いとかなり疲れると思います。
北岳登頂日に晴れなかったのが残念でしたね。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ