FC2ブログ
2010. 12. 20  
参加者4名という少し寂しい山行になりましたが、今年は富士山で雪上訓練を実施しました。
一週間前には雪が降って遠目に見て真っ白になっていましたが、当日往路の車窓から見えた様子からは6合目あたりまで登ってやっと雪がついていそうな感じです。
果たして、佐藤小屋付近も僅かな残雪しかなく、そこから1時間程登ったところで何とか訓練を実施できました。
富士山6.5合目付近
雪が少ないにもかかわらず、多くの登山者(ほとんどのパーティが雪上訓練のようです)で賑わっていました。佐藤小屋には100人もの宿泊客がいたとか。宿泊客のほとんどはガイド主催の雪山教室のような催し物の参加者のように見受けられましたが、その他のパーティはもっぱらテント泊だったようです。
雪は硬くてアイゼン歩行や滑落停止の練習にはよいのですが、反面ツボ足やワカンの練習には不向きです。一回の訓練山行では一通りの技術をカバーするのはなかなか難しいと感じました。

帰路に立ち寄った葭之池温泉は風情があって気に入りました。
シャンプーがないので立ち寄り予定のときは持参するとよいでしょう。
それからドライヤーがないので、散髪直後のアタマが涼しすぎました。
また、ここの休憩室でうどんが食べられます。いわゆる「吉田のうどん」です。万人受けするかは別として、ごつごつとした舌触りと半ば水団のような少し粉っぽさを感じる食感の麺が素朴さを醸し出していると同時に、噛んでこその味わいがあって美味でした。汁もしっかりと出汁をとった醤油味で、日本酒を飲んだ後にぴったりです。讃岐風のうどんが主流になりつつありますが、こういった地方色のある食べ物も残していってほしいものです。
スポンサーサイト



NEXT Entry
日向沢凍ってませんでした
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
今度は是非とも泊まってみたいですね~などと話していましたが、調べてみたら今は日帰り専門らしいです。以前は泊まれたようなのですが・・・
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ