FC2ブログ
2012. 03. 18  
W部です。

3月14日(水) 白田川の上流の川久保川から万二郎岳と万三郎岳の稜線部にあがるという計画を立てました。
天城山は北面の天城高原側から登るのが普通ですが、沢にこだわって南面側から遡行をしてみました。

入渓点です。ガレガレでゴーロ歩きが続きます。

入渓点
















唯一といって良い滝。簡単に登れそうだったのですが、一歩の所が氷結。右も微妙に逆層で結局右岸からやや巻気味に。沢靴の底は雪が高下駄状につきフリクションゼロで非常に恐い。

唯一の滝
















馬の背稜線部。遡行の途中からすっかり雪景色で、稜線部では霧氷もあって雪山の様相。

稜線部は雪景色

















下降もせっかくなので万三郎岳の東側支尾根から。上と下の景色の違いはいかにも伊豆。春山と冬山を一遍に楽しめました。
スポンサーサイト



NEXT Entry
世附川土沢遡行
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ