FC2ブログ
2012. 02. 21  
I見です。
前回の続きです。

-ストック
いろいろなブランドの伸縮可能なストックが出ていますが、伸縮可能で無くとも、それ程問題は有りません。ゲレンデ用でも流用可能です。筆者は、ゲレンデ用の上1/3位の所にガムテープを巻いて、短く握る時は、そこを持って使っていました。何故短く握る必要があるかと言うと、登りのトラバースの時に、山側のストックはその方が持ち易いからです。ガムテープは、いろいろな補修用に即使用可能という利点も有りました。勿論、伸縮可能な方が便利では有ります。その際、回転式の物は凍って動かなくなることがあるので、出来れば避けたほうが良いでしょう。筆者は、上記のゲレンデ流用ストックが数年前に金属疲労で折れてからは、BDの2段式の物を使用しています。

-スキーアイゼン(クトー)
使うかどうかは本人次第ですが、あると便利です。特に、硬い斜面の横滑り防止用に有効です。ディアミールのクトーは、ヒールアップする部分に装着するので、一番上までクライミングサポートを上げると、歯が雪面に届かなくなります。スキー板本体につける物の方がアイゼンとしては有効です。

-3種の神器(ビーコン・プローブ・スコップ)
特に説明するまでも無いとは思いますが、ビーコンを新しく買うのであれば、やはりデジタルが良いでしょう。八甲田のツアーでは、アナログは不可とか...。

続きは、また。
スポンサーサイト



NEXT Entry
山スキー道具考3
NEW Topics
爽快滝登り!...でも、手が冷たい(2018.11.23:丹沢・早戸川円山木沢)
焚き火納め(2018.11.17-18:丹波川ムジナ沢左俣(トノ沢)~小室川谷
秋のレスキュー訓練(2018.11.10:新茅ノ沢F4&モミソ懸垂岩)
2018.11.4 櫛形山脈縦走
2018.11.03 内川 中ノ俣沢(途中撤退)
深まる秋に(2018.11.03:足尾・東利根倉沢~西利根倉沢)
2018.10.20-22 前川 壺安沢・オコナイ沢・ヨシワラ沢
2018.10.6-10 実川 入り鳥ノ子沢~黒羽根沢~御西沢~上追流沢~豊実沢
2018.10.13-14 谷川連峰 湯檜曽川大倉沢
2018.10.7-8 奥秩父 入川真ノ沢
Comment
ビーコンですが、八甲田はアナログでも可です。光ガ原とニセコの一部がデジ限定だったかな。

シール用ワックスも見つからんのよ..。
殆んど、自分で使ったことないんだけど。
糸屯一さん

コメント多謝です。
光ガ原ってどこですか?
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ