FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 11. 12  
F薪です。

恒例の秋のレスキュー訓練、C班は諸事情により、他の2班に先がけて10日土曜に実施となりました。
事前の勉強会で、基本的な想定については班内でオーソライズしつつ、いろいろと現場で考えながら対応を考察しましょう、ということで当日を迎えました。

今回のC班は、徹底的にロアーダウンに拘って、様々なシミュレーションをしてみました。
実施前は、単純に吊り降ろすんだから課題なんて出てこないよね~、という意識もありましたが、いざやってみたらいやいや課題満載でした。

午前中は、新茅ノ沢F4で、様々仮説を立てつつ、実証実験を繰り返しました。
釜に落とさない(呼吸を確保)ことを前提にするなら、ガイドロープを使って引っ張りつつ降ろせば、という単純なことだと思ったのですが、ひと一人を引っ張ることがいかに困難なことかを実感する結果に。

20181110_01.jpg
新茅ノ沢F4にて。引っ張っても、壁から引き剥がすことは、想像を超えた困難さ。いや、とても無理です。

午後は、モミソ懸垂岩に移動し、課題を追求してみました。

20181110_02.jpg
午前からの引き続きの課題ですが、要は写真左端のロープに宙吊りになったと仮定して、釜を避けて右の青いロープへ誘導してロアーダウンさせる手法の確立がメインテーマとなりました。

最終的には、限定的なシチュエーション(要救助者の近くまで懸垂下降して、ガイドロープと要救助者を連結できる場合)なら有効な手法を確立できました。しかし、失敗を繰り返すなかで、介助懸垂、背負い懸垂、チロリアンブリッジ等の基本的な手法の汎用性も実感し、また失敗の事例から学ぶことも多くあったのも事実です。

こうした訓練をできる環境、お互いの力量を認識しつつ、その中でできるセルフレスキューの技術について問題解決を図れる、山岳会という組織のありがたさも実感できた一日になりました。
スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。