FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 11. 18  
F薪です。

今シーズン最後の焚き火を楽しみに、丹波川の上流へ行って来ました。
滑瀞谷と泉水谷の中間辺りで右岸から流入するムジナ沢の左俣を遡り、尾根を乗っ越して小室川谷に至り焚き火。翌日、小室川谷を下降して三条新橋へ下山する計画です。

ムジナ沢へは、R411羽根戸トンネルの西側から旧道を辿って、危なっかしい吊橋を渡ってアプローチします。
トノ沢に入ってすぐに連瀑帯がありました。

10m滝は、登ろうと思えば登れるのかも...。まあ、水を相当かぶりそう。
20181117_Takibi01.jpg

左岸の急斜面を高巻くと、その先にも直瀑とスダレ状の美瀑が懸かっていました。落葉の急斜面を40分ほどの高巻きで越えていきます。
20181117_Takibi02.jpg

連瀑帯を越えてからも、しばらく小滝が続きます。落葉の積もった沢筋はなかなかの風情でした。
20181117_Takibi03.jpg

晩秋らしい光景ですね。
20181117_Takibi04.jpg

が、それも束の間、お約束のワサビ田跡が登場し、ワサビ田が尽きると水も尽きてしまいました。
涸れた落ち葉の沢筋を修行の詰め。Co1270付近の枝沢をヒーコラ詰めて、小室川谷との中間尾根に。コルから、小室川谷へ向けて、やはり水なしの枯れ葉窪を急降下。しばらく下ると立派な山道が横切ります。
20181117_Takibi05.jpg

結局、小室川谷と出合う寸前、ワサビ田跡が出るまで、水流なしの沢下降でした。
出合付近はそこそこの水量なので、もっと上から水があると思っていたのですが...

さて、小室川谷に降り着いて、すぐの台地にテントを張って、暗くなってくる頃、焚き火開始です。
過去に小室川谷は何度か遡行していますが、ここで泊まってみたいと思っていたところに泊まって焚き火を楽しむことができました。

今シーズン最後の焚き火でしたが、やはり焚き火はイーデスネ。
20181117_Takibi06.jpg

しばらくすると、月も登り星空に。素晴らしい夜を満喫しました。
20181117_Takibi07.jpg

焚き火を楽しみに計画しましたが、目的を達成できて満足の山行になりました。(いろいろ反省点も多々ありましたが...汗)
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。