FC2ブログ
2017. 11. 12  
~逍遙渓稜会 レスキュー秋~

天候にも恵まれ、そろそろ本気でヨウカイアメフラシも卒業かもしれない、担当はワタシだ!
あまりに天気がよいものだから、会員からは「沢へ行きたいくらいの快晴」なんて声も。
ダメです。今日はレスキュー訓練です!!

今回は都岳連へ講師をお願いして実施しました。
実施場所は丹沢のモミソ懸垂岩。

まずは講習のレクチャーを受ける。
20171114205024937.jpg

すぐにテラスへ移動し、訓練開始。
20171114205022d99.jpg

みんな前のめりぎみに聞き入っています。
201711142050267a7.jpg

①カラビナ代用での懸垂&仮固定
20171114205025242.jpg

20171114205028fcc.jpg

20171114205120ee9.jpg

②ディスタンスブレーキによる介助懸垂

講師によるデモンストレーション
2017111420512183b.jpg

救護される側もなかなかの恐怖
20171114205123cfa.jpg

介助者は真剣
20171114205124ee8.jpg

背負いでの介助懸垂

岩にくっつきすぎず、手をついてバランスをとる

この距離感がグッド
2017111420521609e.jpg

ザイル操作者と声を掛け合いながらタイミングを合わせるのが大切です。
201711142052186f1.jpg

~午後の部~

③ライジングシステム(1/3→1/5)
ライジングシステムは、通常1/2、1/3は実施していたが1/5を実施するのははじめてだったので、興味あった人も多かったそう。
201711142052200e3.jpg

カラビナ支点では、まったく人ひとりを引き上げることはできませんでした。
しかしながら、滑車を使うと引き上げられる。滑車を個人装備に追加することも検討すべきかもしれません。
201711142052217ce.jpg

④背負い搬送
ラストは沢から林道までの背負い搬送。
これまでザックを逆さにしたり雨具と組み合わせたりして背負い搬送を実施していたが、ザックにスリングをクロスに付けてハーネスと連結する方法を教示いただきました。
2017111421484095b.jpg
救護者の負担も少ないようです。


今回のレスキューは、メニューについて講師へ相談したくさんのアドバイスを頂き、事前の準備段階から多くの時間を割いていただきました。
甲斐あって充実した内容の訓練を実施することができました。

講師ならびに参加者各位、たいへんお疲れさまでした。
ご協力ありがとうございました。


shin

スポンサーサイト



プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ