FC2ブログ
2017. 11. 10  
F薪です。

11月の三連休前半は、8月以来の泊まりの山行で足尾の沢へ行って来た。
松木川の奥地へ足を運ぶのは2014年の5月以来である。
当日朝、銅親水公園へ集合するが、東北道で事故渋滞があり、予定より出発が1時間ほど遅れた。
とは言え、初日は丸石沢(登山大系の呼称による)出合付近まで入れればいいと思っているので、焦らずに出発する。

足尾の沢の例に漏れず長い林道歩きがあるが、岩峰や支流の滝の眺めを楽しみながら、青空の下、遡行を続ける。
松木川と言えば必ず写真に撮られる淵は、浸かって越える季節ではないので、左岸から巻いて越える。
Ashio3_01.jpg

時間も丁度言いし、まあ、長い河原歩きにも飽きたので、ニゴリ沢出合先の左岸台地をテン場と定め、薪を集めて火をつける。
乾いた薪は、苦労することも無く燃え上がり、久しぶりに焚き火の夜を過ごすことができた。
Ashio3_02.jpg

Ashio3_02b.jpg

Ashio3_02c.jpg
当初は単独行の予定が、急遽新入会員のONさんも加えての4人パーティとなり、賑やかな一晩であった。

翌朝は7時過ぎにテン場を出て、本流をしばらく遡った先、右岸から出合う丸石沢へ歩を進める。
出合だけちょっと滝っぽい感じだったが、すぐに本流を小規模にしたようなゴーロの沢に。両岸にテン場適地が広がり、一夜を過ごすにはよさそうだが、沢登りとしては単調さは否めない。
が、出合から40分ほど遡ると、傾斜の緩いナメ滝が登場。まるでハナゲノ滝(湯檜曾川東黒沢)のようだ。規模は10分の1くらいだけど...
Ashio3_03.jpg

そして、足尾版ハナゲノ滝を越えると、前方に10mの滝が続く。ぬめっていていやな感じもあるが、左壁を登ることができそうだ。
新入会員もいるので、念のためロープを出して登る。落ち口の潅木が大変邪魔くさいが、比較的簡単に登ることができた。
Ashio3_04.jpg

その後しばらくの間、5mから8m程度の滝が続き楽しく遡行ができる。
Ashio3_05.jpg

滝場が落ち着くと、流れも細くなりいよいよ源頭かと思ったところで、傾斜の強いスラブ滝に行く手を阻まれる。
Ashio3_06.jpg

右岸から巻きにかかるが、結構上まで追い上げられてしまった。高巻きながら沢を覗きこむと、写真の滝の上にも、更にスラブ滝が続いている。ひとまず写真の滝の落ち口上へ懸垂下降を試みて上段の滝を見ると、傾斜も緩んで普通に登れそうだ。
とは言え、スリップすると下まで真っ逆さまなので、ONさんはロープで確保しつつ、上段を越える。
その先は狭いルンゼ状となるが、前方、稜線直下が岩壁となっており、登るのにも苦労しそう(岩ぼろぼろ)なので、尾根に上ってしまった。
尾根上は、少々倒木がうるさいものの、概ね歩きやすく、おまけに主稜の少し手前には、うっすらとトラバースする踏み後が続いている。踏み跡を辿ると自然にCo1745鞍部に導かれる。

Co1745のコルからは仁田元沢へと下降する。単調ではあるが、台風の影響か水量が結構多い。
Ashio3_07.jpg

下流部は、紅葉の赤と花崗岩の白のコントラストが美しい。
Ashio3_08.jpg

天候は今ひとつだが、盛りの紅葉の中、少々急ぎ足で下降を続けた。
Ashio3_09.jpg

暗くなり始める頃、銅親水公園まで戻り、リニューアルした「かじか荘」で冷えた身体を暖めて解散となった。
長い林道歩きとゴーロ歩きはあったものの、丸石沢は滝も適度に懸かっており楽しめた。
もちろん焚き火は大成功で、来てよかったなあと感じた2日間になった。
スポンサーサイト



プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ