2017. 07. 18  
〜シリーズ 沢から百名山〜

乗鞍岳に詰め上げる、前川本谷を遡行してきた、ワタシだ。
2017071820123628e.jpg

地形図を見ると滝マークが5か所もある。巨瀑の連続?!はたして遡行できるのか!

1日目
白樺橋から入渓して15分ほどのところに最初の大滝「ゴサダロ」。
「ゴサダロ」と名打たれた、それってなんだろ?
20170718201238606.jpg

山行前に調べてみると「ダロ=滝」とのこと。「ゴサ」はよくわからない。
25mはあろうかという大滝ですごくきれい。
左岸を巻くことができた。高巻をしながら、その落ち口を見下ろすと5本の流れが見える。(厳密に数えると6本?7本?)
「ゴサダロ=五叉滝」に納得。
201707182012396e9.jpg


co1640にある魚止滝までは平凡なゴーロが続く。
魚止滝は、3段(5m、6m、6m)の滝。下段6mは右を登る。上段5mと中段6mもそのまま登ろうとしたが岩が滑っていやらしいのでルートを左に変更。リーダーがザイルを引いて登り、ワタシは確保してもらって登った。
20170718201240bff.jpg


途中には温泉が湧いていた。硫黄の臭いが立ち込めるが残念ながら温かさはないのでひとっぷろはあきらめた。
下山道に冷泉小屋があるが、これが由来だろうか?
20170718201242567.jpg


ガンガラ沢との二俣を右へ進むと本谷大滝50mが姿を現した。大きさも美しさもホームラン級。滝を見上げてしばしの休憩。
20170718201343e07.jpg
当然高巻となるのだが、リーダーのルート取りがすばらしくて50分ほどで落ち口にたどり着いてしまった。

次の大滝は30m。枝沢から取りついて25分ほどの高巻きで越える。
2017071820134664c.jpg


地形図にはない3段(3m、3m、5m)の滝もあった(大滝5本しかなかったらと心配していた)。下段5mはシャワーになるがホールドがしっかりあるから登れそう。雨具を着こんで登った。上段中段は緩いナメなのでそのまま通過できた。
20170718201348839.jpg


4m、4mの2本の滝を左から一気に巻くと3つ目の大滝3段(5m、5m、6m)だ。下段6mはナメ滝で水線を進み、中段5mは右を登り、上段5mは激シャワーの登はん。ホールドを探そうと顔を上げると激しい流れが直撃してくる。下を向いてヘルメットで流れを受けるが、手のホールドが見つからない。水は冷たく長居は禁物。幸いにも足元がしっかりしていたので踏み込んだ。確保してもらっているから成せた技。事前にもっとルートを探っておかなければいけなかった。
20170718201349228.jpg


16時に大滝を越えco2100まで進むことができた。あとは、テン場探しだが、なかなか適地が見つからない。
わずかにひらけたスペースを整地してテントを設営。薪は濡れたものばかりだったのであきらめ、乾いたシャツに着替えてテントに潜り込んだ。
co2000オーバーの地点なのに、ずぶ濡れでいてもそれほど寒さを感じなかった。この夏の暑さが心配だ。

二日目
この日は雪渓歩きに終始した。角度がある箇所や踏み抜きに注意しながらも、ゴーロ歩きよりも格段に楽チンだ。
山頂直下のハイマツの激藪には苦労させられたが10時20分に詰め上げることができた。
コルから乗鞍岳剣ヶ峰までの高低さ200mの登山はきつかった。水の流れがなくなると途端にバテてしまう。
201707182013517e0.jpg


剣ヶ峰は多くの登山者で賑わっていた。大雪渓ではスキーヤーがシーズン最後の滑走を楽しんでいた。
20170718202352c02.jpg

前川本谷は、けっこう難しい沢だとおもうのだが、リーダーのルート取りが絶妙だったのであまり難しさを感じることなく塑行することができてしまった。
下山して、しみじみいい沢だったなあと我思う。
スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ