2017. 02. 26  
この週末は一泊の行程で尾瀬の片隅をスキーで巡ってきた。

初日は遅めの出発。
戸倉スキー場の駐車場に車を停めて、ゲレンデを通り抜けて富士見下への林道を辿ります。
IMG_2134.jpg

林道は楽しくないけど、楽しそうに振舞ってくれるメンバー。
IMG_2136.jpg

田代原で一服。
ここまでに地元から来たという単独行のスキーヤーに出合った。
IMG_2139.jpg

林道を辿って一旦富士見山荘に出ようと思っていたが、いつのまにかアヤメ平から南へ派生する尾根に乗っていた。
IMG_2140.jpg

樹林の尾根を辿っていくと、アヤメ平直下は疎林となって見通しが良くなる。
IMG_2143.jpg

アヤメ平に出る。風も弱くて陽も差している。爽快。
IMG_2145.jpg

鳩町通りはだだっ広くて斜度がないので、方向の見極めはちょっと大変。
難度か軌道修正しながら、時間も押してきたので山の鼻を諦めてテンマ沢沿いを滑る。
IMG_2153.jpg

テンマ沢出合付近、登山道(遊歩道?)沿いの電線が見えたところにテントを張った。
冷え込みが少なくて意外に快適な夜だったが、朝方はすごい湿気で水滴が待っているような感じだった。
IMG_2155.jpg

幕場から一時間で鳩待峠に到着。
ここから滑らない雪と格闘しながら戸倉へ向かう。
IMG_2158.jpg

雪に埋もれた車道を滑る。というよりも漕いでか辛うじて進む。
IMG_2159.jpg

昼前にようやく戸倉に到着。
途中でスノーモービルの集団とすれ違った。
荷物をデポして、一人スキー場の駐車場に車を回収に行く。
メンバーと荷物を載せて帰路に着き、途中岩鞍の温泉宿で汗を流して帰京した。
IMG_2161.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
カテゴリ