2016. 11. 07  
玉川の大滝沢を遡行した。今年の飯豊の沢の登り納めだ。

中田山崎の酒屋の向かいの道路が広くなった所に車を停めて、玉川中里にある大滝沢出合へ向かって歩き始める。
大滝沢の両岸にはそれぞれ道があるが、右岸の道を行ってみることにした。農業用水の取水路の保守のための道だと思われるが、285M付近まで道が続いており、下流部の平凡な部分をカットして結構遡行時間を短縮できた。

入渓するとすぐに左に枝沢を分けて、谷は右へ曲がっている。
釜を持った5M滝が出てくるが、つるつるで登れそうもないので、左から巻いていく。沢に降りる所で、ブッシュに残置シュリンゲがあった。結構古いものだが、過去入渓者がいたということだ。遡行したとすると、今回遡行した大境山へ突き上げる支流か、大境山と枯松山の間の尾根に向かってまっすぐ伸びている本流のいずれかだと思うが、どちらだったのだろうか?
DSCF5999.jpg

やがて狭くて深いゴルジュとなり、100Mくらい続くが、幸い滝はなかった。
DSCF6005.jpg

やや開けてきたところで、お目当ての支流が出合う。出合の先で本流は一旦谷幅を狭め、最狭部では3段くらいの落込みとなている。
DSCF6010.jpg

遡行対象の支流の方は、出合に6M、5Mの滝を続けて懸けており、最初の6Mは左側を小さく巻き気味に越え、5Mは左寄りを登るが、ルートが岩に狭められていて少し苦労した。
DSCF6011.jpg

さらに5Mの簡単な滝を越えると、2M滝の上にCSがあって、その奥に5M、10Mと滝が続いている。2M滝手前左岸のルンゼを少し登ってスラブに取付いて高巻く。
DSCF6015.jpg

巻いていくと、さらに滝が続いている。下降も険しいので、これらの滝をまとめて巻くことにした。
DSCF6020.jpg

巻いた滝の上は少し開けていたが、間もなく両岸のスラブが接近して、狭い谷に5M前後の滝が連続する。
DSCF6029.jpg

最後にこの3M滝を水流を浴びて登ると、一旦開けて左に枝沢を分ける。
DSCF6032.jpg

基部に蒲鉾型の洞穴を持った4M滝。つるつるなので、左から巻いていく。上流にはやや離れて難しそうな8M滝が見えたので、8M滝の上流まで巻いていった。
DSCF6033.jpg

しばらく穏やかな流れとなるが、8M2段の滝に阻まれたので、右から小さく巻こうとしたところ、右側の壁の裏にルンゼがあって降りられず、上流にも難しそうな滝が連続している。最上流に見える滝の先で、谷は右に折れて隠れているが、尾根との標高差がほとんどなくなる辺り(730M付近)だと思い、尾根まで上がって、これらの滝をまとめて巻いた。
DSCF6037.jpg

左岸の尾根は少し灌木が煩いが、苦労するほどのものではない。730M付近では沢との標高差が5~10Mくらいとなっており、灌木伝いに簡単に沢身に戻ることができた。
DSCF6043.jpg

5M前後の滝が3本程度あるが、問題になる所はなかった。写真は900M付近。滝を懸けている右へ進む。稜線直下まで窪があり、後半はボサが少し煩くなるものの、ほとんど藪漕ぎなしに稜線に出た。
DSCF6051.jpg

稜線上は灌木と笹が煩いが、約30M程で大境山の山頂に出た。ここからは登山道を降るだけだ。
DSCF6057.jpg

登山道から730M付近の尾根と谷を見下ろす。
DSCF6062.jpg

大滝沢は予想に反して滝が多く、しかも両岸を険しいスラブに挟まれて、高巻きもなかなか容易ではない楽しい沢だった。
地形の上でも、730M付近は興味をひかれていたので、満足感は大きい。
少し寂しいが、飯豊の沢はまた来年ということにする。
スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
カテゴリ