2016. 10. 23  
実川の支流、大持場沢を遡行した。大持場沢は実川集落五十嵐家の上流1km付近から高陽山に向かって詰め上がる沢だ。馬取川も実川同様に阿賀野川の支流で、高陽山一帯を水源として豊実で阿賀野川に注いでいる。馬取川と実川の五十嵐家付近の間には万治峠越えの登山道が整備されている。

実川集落(跡地)付近にある駐車場はトイレもありよく整備されている。林道はこの少し先の五十嵐家付近で通行止めになっている。
DSCF5833.jpg

万治峠への登山道に向かう吊橋を渡ると、植林帯の中で登山道と別れて上流方面へ向かう仕事道がある。仕事道があるおかげで入渓までの時間をだいぶ短縮できた。入渓したところに3M滝が懸っており、高巻くために登り返す。登り返すと再び道に出た。
DSCF5839.jpg

近頃かなり冷え込むようになってきたので、あまり水を浴びながら登る気にもならない。樋状の流れに小滝が続くところを小さく巻く。
DSCF5844.jpg

概ねは奥多摩や大菩薩のような感じの渓相だが、樋状の狭いゴルジュも結構あって、その都度巻いたりへつったりして結構時間がかかる。
DSCF5845.jpg

400M付近に12Mの美しい2条の滝が懸る。ここは左岸を少し大きめに巻いた。
DSCF5854.jpg

700M付近で、6M滝を右から登った所で18M滝が懸る。ある程度の登攀力があれば、水流脇の岩壁を登れそうだが、今回は岩壁脇すれすれにブッシュ帯を巻いていった。
DSCF5863.jpg

730M二俣から右俣へ進む。
DSCF5869.jpg

樋状の流れに小滝が続く。へつったり、つっぱりで登ったりして突破する。下流部と沢の構成はあまり変わらない。
DSCF5875.jpg

820M奥の二俣は左沢へ。左側の流れに見える滝を巻くために、左沢と右沢の間の尾根に取付くと、この先ナメ状の連瀑となっており、高度差約23Mの間左岸を巻き続けた。
DSCF5878.jpg

枝沢を分けるたびに水流が細くなって行き、水が涸れそうになった990M付近で水をとった後、左岸にあがって高陽山山頂付近に幕場を求めて登っていく。
DSCF5880.jpg

山頂のやや北に広がるブナに囲まれた平坦なところにテントを張った(跡)。快適な幕場だったのでいつになくよく眠れた。
DSCF5881.jpg

幕場から西へ向かい馬取川の窪に出る。窪に降りると、上流部は結構藪っぽい。
DSCF5883.jpg

合流する度に少しずつ開けてくる。
DSCF5885.jpg

850M付近には下降中唯一と言っていい6M、4Mの滝が懸っていた。
DSCF5887.jpg

720Mあたりから両岸に植林帯が出てくる。
DSCF5890.jpg

635M付近で右岸に明瞭な道が出てきたので、ここで沢から道にあがる。道にあがった先が連瀑帯となっていたが、そのまま道を下降した。途中道から見下ろした沢沿いで熊を目撃した。標高530Mあたりまで降ったところで左下に見えてきた林道に出た。495M付近で万治峠入口となり、登山道を辿って実川の駐車場に戻った。
DSCF5892.jpg

大持場沢は樋状の小滝の連瀑と美しい12Mと18Mの滝が印象的だが、それ以外は奥多摩、大菩薩の沢に似た平凡な渓相の沢だ。人気のない沢を遡行するのもよいものだが、首都圏から遠路はるばる遡行しに行くとなると、お薦めの沢とは言い難い。
スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ