2016. 02. 01  

1月31日(日)くもり
(予報では晴れだったのにぃ)

逍遥冬沢部始動!!

201602012336183ce.jpg

源次郎沢へ初のリード山行に行ってきた。
ワタシだ。

波乱の予感しかない山行にお付き合いくださったのは、I先輩とnao先輩。ありがとうございました。
(前日土曜の山行に参加表明をいただいたH村長、お仕事でこられなくなってしまったF巻先輩もありがとうございました。)

リードするぞーっと、やたら意気込んでいるから危険なワタシ。
戸沢林道は足をつらないペースを守り、問題なく入渓となりましたが。。。

たどり着いたF1は、なんと本谷沢!!

20160201233620367.jpg

まぁ、笑うしかない。ははっ


気を取直して、源次郎入渓!
すぐさま現れましたF1。
3mの滝に看板?!
看板のある沢は、初めてだったから楽しみにしてたのに拍子抜け。
DSC06440.jpg

すぐにF2。
まだまだ、楽勝。
DSC06447.jpg

しかし、まぁ、なんといっても1月ですから、進むにつれて雪が増える。
沢靴がすぐにちべたくなってきて・・・
足の指もげそう(涙)

F3でちょっともたもたしながらも、F4、F5をつーっと通過。

F5
DSC06458.jpg

co860の二俣に到着した時には、12時になっていたので、ここで昼食。
昼食後、右俣を進んでいくとF6が現る。
ここで、ちょい苦戦。
まだまだ登攀はだめだめデス。
DSC06466.jpg

F7、F8はさくっと越えて。
DSC06470.jpg
(んん?なF8)

キターーーF9!
はいっ、しっかりもたつきました。
DSC06473.jpg

ラストF10、取り付いたはいいけれど足のホールドを見る余裕がない。
下から「もうちょい右~」「少し上」っと教えてもらいながらなんとか。
ワタシひとりで、20分以上もかかってしまった。。。
DSC06481.jpg
(下から見るのと大違い。現場は厳しかった by n)

このあたりから、尾根をつめて花立山荘を目指す。
つめでは息があがる。
ぜーはーぜーはー
DSC06484.jpg

霧氷はきれいだが、寒っ。
DSC06485.jpg

山荘手前co1280の大倉尾根にたどり着いたのは16時。
予定外に時間がかかってしまった。

薄暗くなりかけた登山道をダーっと下って大倉へ。
DSC06486.jpg



中間支点で確保してもらってはいるが、トップで登る緊張感は凄まじかった。



p.s.翌日は全身筋肉痛~


nao & shin



スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ