2015. 03. 30  
積雪期の飯豊は今回が初めて。冬は帰路の高速の渋滞が激しいので、一層遠く感じられて、なかなか実施に踏み切れなかった。

高知山林道ゲートから、林道を行く。約一時間で、正面にとんがった尾根が見えてくると、尾根の取り付き点は近い。取り付き点には、いくつか目印があるので、分かりやすい。
DSCF1250.jpg

尾根への取り付き。ここは急傾斜のため、板をザックに括り付けて、ツボ足で登った。
DSCF1253.jpg

少し傾斜が落ちたあたりで、再び板を履く。この先、尾根が痩せているところで、ブッシュに邪魔されて、板を外したところもあるが、特に難所もなく676Mの小ピークに達する。
DSCF1255.jpg

高知山付近。広く、なだらかな尾根が続く。周囲の山並みや、新潟平野の展望は最高です。
DSCF1259.jpg

夏道の尾根を遠望する。
DSCF1263.jpg

鳥居峠付近から二王子岳の眺望。尾根は一層広々としてくる。この辺、何もないようだが、雪が解けると藪と化す。
DSCF1265.jpg

自分の影とスキー。天気が良い。
DSCF1271.jpg

場割峰山頂から、七滝沢の枝沢にドロップ。すぐに本流に出た。
DSCF1274.jpg

七滝沢源流を詰めて行く。沢筋も両岸もなだらか。尾根筋より起伏が少なくて快適。
DSCF1276.jpg

山頂間近。結構賑わっている。胎内方面に向かったパーティ、夏道を下って行ったパーティなど、行く手は様々。
DSCF1282.jpg

一応、記念撮影?
DSCF1289.jpg

降り(夏道)は木立が煩わしいが、二王子神社までは約一時間で降りてきた。
二王子神社からは参道を降って、林道に合流した。もうほとんど滑るところなし。
DSCF1293.jpg

南俣集落は完全に春。
DSCF1294.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ