2014. 09. 27  
三日目、9月22日は、洗濯沢出合から地蔵カル沢まで本流を行き、地蔵カル沢を遡行した後、御西小屋まで行く予定。
洗濯沢出合からは河原歩きだが、水量が少なくなった分、徒渉が楽になり、8月の遡行よりも短い時間で赤渋沢が見えてきた。

20140922-1.jpg
赤渋沢出合の滝は、上部ほど切り立っていて、横から見ると綺麗なカーブを描いている。この辺から壁の色が赤茶けた色に変わってくる。

20140922-4.jpg
ザックを高巻き予定のルンゼ基部にデポして、ゴルジュを偵察にいく。8月は、ここに厚い雪渓が架かっていて、引き返した。

20140922-5.jpg
さらにゴルジュが左折するところまで行くと、ツルツルに磨かれた壁の間に、一条の水流を落とす滝が架かっていた。この滝を見て、引き返すことにした。

20140922-6.jpg
高巻き取り付き点のルンゼ。今回は、ルンゼ内の二俣を左寄りに進んでから、中央小尾根の潅木を拾って、ルンゼを直上した。石楠花が絡みつく左岸に逃げるより楽だった。

20140922-9.jpg
尾根を乗り越して、対岸の下部が抉れたところを目指して下降する。下降ラインの左手にはゴーロのルンゼがある。雪渓があるときも、ないときも、まずはこのラインを試みるのがよさそうだ。

20140922-12.jpg
沢身に降りた地点の直下には、登れそうもない滝が懸かっており、滝下は壁間いっぱいに水を湛えた釜があった。

20140922-13.jpg
雪渓が消えたゴルジュを進む。

20140922-14.jpg
高巻きの際に見えていたが、屈曲部には雪渓が残っている。雪渓の下は、岩とスノーブロックが混じったゴーロである。

20140922-20.jpg
潜った雪渓を振り返る。上流側はかなり安定してそうだ。この雪渓は越年するだろう。高巻いた尾根のラインが美しい。

20140922-24.jpg
8月に取り付いたルンゼを見上げる。

20140922-25.jpg
地蔵カル沢出合の手前にも雪渓が見えてきた。厚いところは10M以上の厚みがある。この雪渓も越年するのだろうが、下部に開いた空間は、そのまま残るのか、新しい雪か雪崩に潰されて埋まってしまうのか?

20140922-26.jpg
雪渓手前の釜を持った2M滝は、左壁をへつる。

20140922-27.jpg
雪渓の下、本流には、地蔵カル沢出会いに、釜を持った2M滝が懸かる。

20140922-30.jpg
地蔵カル沢は6M滝を二本続けて懸けている。ここで雪渓は大きく口を開けている。右壁も登れそうに見えたが、右岸を巻くことにした。しかし、ブッシュ帯に達するまではかなり悪く、ルンゼがゴルジュに落ち込んでいるラインにホールドがあるのを見抜けないと、全く登れないだろう。滝の右壁も、もっと近づいてよく観察すべきだった。

20140922-33.jpg
右岸のブッシュ帯を右に進むと、地蔵カル沢はゴルジュの底にあった。

20140922-34.jpg
先には20M滝が見えてきたので、その落口を目指して高巻を続ける。

20140922-35.jpg
沢身に戻ると、一見穏やかなのだが・・・。左壁には水が湧いていたが、鉱物臭くて飲めなかった。

20140922-37.jpg
少し進むと、悪相の8M滝が懸かる。滝から左壁にかけては下部がハングしている上にツルツルだが、右壁は、釜を回り込むように斜上することができた。

20140922-38.jpg
しかし、直ぐに6MCS滝が出てくる。右も左も登れそうもないので、手前8M滝の落口付近から右壁を登ってブッシュ帯に取り付くが、ここも頗る悪かった。

20140922-39.jpg
何とかブッシュ帯に入ったが、沢床は遠く、下降ラインを見つけるのに苦労する。

20140922-45.jpg
CS滝が詰ったゴルジュの先は、ゴーロの中に滝が断続するような流れが続く。

20140922-49.jpg
地蔵カル沢は、不安定な岩が多いのと、最近崩壊したような角の立った岩が多いのが目に付いた。

20140922-52.jpg
巨岩の奥にある10M滝。この前後の滝は、大岩の裏を回りこむように、イタドリの斜面を登り続けて、まとめて巻いた。

20140922-57.jpg
ゴーロ滝ばかりではない。こんなすっきりした(普通の)滝も懸かっている。

20140922-62.jpg
次第に、ナメの連瀑が増えてくる。

20140922-69.jpg
源頭近くなってくると、滝は多いが、楽しい滝はほとんどなく、ひたすら消化してる感じだ。
最後は(1:1)で水流が分かれるが、いずれも直ぐに消える。左は直ぐに藪に埋もれそうだったので、右に進んだが、稜線直下で日が暮れて、暗闇の笹薮漕ぎとなった。
御西小屋まで行きたかったが、断念。大日岳の手前で右の真ん中にテントを張って幕場とした。ほとんどフォースド・ビバークだ。

翌日は、夜明けとともに移動を開始。加治川治水ダムまでの11時間半の登山道・林道歩きには、ほとほと疲れた。
スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
カテゴリ