2012. 06. 25  
6月23-24日。滝王国として名高い日光にあり、ことに険谷が集う女峰山北面・鬼怒川三沢右俣(本流)へ行く。

去年の同じ時期に挑戦したが、体調不良に撤退してしまったのでリベンジである。

P6230063-s.jpg
1日目はなんと言うこともないゴーロ歩き。あまりに単調で長く感じる。全く調子が出ないままCo1350付近のテンバに到着。薪は豊富にあり、これが燃え出すのと同時にいつもの溪の夜になる。梅雨らしからぬ快適な一夜。

24日。始めは引き続きゴーロだが、やがて両門の大滝に断ち切られる。
P6190131-s.jpg
左俣50m、右俣60m。全く以って壮観だ。今回は滝下まで近づかなかったので去年の写真を。
この大滝の巻きは比較的スムーズに行く。

P6240065-s.jpg
巻きの途中から右俣滝を望む。

P6240067-s.jpg
左俣滝上に降り立つ。左俣もまた連瀑に次ぐ連瀑らしい。

P6240074-s.jpg
右俣はやがて大ゴルジュ帯に突入する。最初のうちは登れる滝が連続し、楽しませてくれるが側壁が高巻き不能なだけに、いつ不通が出てくるかと気が気でない。

P6240076-s.jpg
6m直滝、空身になり右壁を登る。何とか登ったもののこの上には20mハング滝が現れ、全く前進不能。懸垂下降しゴルジュ入口まで戻る。がっかり。1時間半ほどロスした。

大ゴルジュ帯を高巻きに入るが、これが2時間に及ぶ。ゴルジュに護られた大連瀑帯は容易に下降を許さず、密生するヤブに行程は捗らず。立合川以来の厳しい巻きに疲労困憊だった。

P6240081-s.jpg
Co1870二俣。溪は癒し系となった、と思ったら。

P6240083-s.jpg
どーんと出てくる2段50m大滝。
この上でようやく溪は穏やかとなり、一里ヶ曽根へ詰め上がった。

これで女峰山を巡る沢は下タキ沢、上タキ沢、三沢右俣と遡行できたがいずれも険しく、火山の溪の厳しさ、面目躍如たるものがあった。
スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ